レディダンカン バラ種苗-柔らかいピンク色の一重咲き|イパネマおやじ

レディダンカン Lady Duncan は、枝が横に広がるように伸びて自然な樹形に生長します。素朴でオールドローズの趣が強い、ハイブリッド・ルゴサ系統です。

レディダンカンはハイブリッド・ルゴサ系統です

大小のトゲが枝を覆うようにある

  • 数輪の房咲きになり、花つきは普通だが花もちがよい。
  • 伸長力が強く、匍匐するように横へ伸びていきます。
  • トゲが多いので、支柱などに誘引するよりも、自然樹形で石垣などに下垂させるとよい。
  • 耐病性は、うどんこ病、黒星病ともに普通。1週間~10日に1回以上の定期的な薬剤散布は欠かせません。

大サイズのライン画像

※ バラの手入れや病害虫の防除:詳細はトップページの「バラの園芸・作業」をクリックしてください。

レディダンカンは一季咲きです

レディダンカンはつる性です

レディダンカンは中輪サイズです

レディダンカンは樹高が4m程です

明緑色の葉はハマナスに似ている

  • 作出国:アメリカ
  • 作出年:1900年
  • 作出者:Jackson T. Dawson
  • 系統:[HRg] ハイブリッド・ルゴサ
  • 交配:Rosa rugosa Thunb. × Rosa wichuraiana Crép. (synonym)
  • 咲き方:一季咲き
  • 花形:一重咲き
  • 花径:中輪(8cm・花弁数4~8枚)
  • 香り:微香
  • 樹形:つる性
  • 樹高:400cm
  • 撮影:生田緑地ばら苑 2017年5月

経年とともに丈夫で太い枝に生長する

バラ園の風景:春の生田緑地ばら苑

生田緑地ばら苑の風景

  • 園芸メモ・バラの栽培用語:ハイブリッド・ルゴサ [HRg]⇒
  • 日本産の原種の中でも、最も北の地に自生するハマナシの仲間。「浜辺に育ち梨のような実を付ける花」という意味で、「浜梨・ハマナシ」と呼ばれる。ハマナスは、この浜梨が訛ったものとされています。
  • 19世紀には、ハマナスの交雑種がフランスなどで栽培されていたとされます。枝は大小のトゲがあり、樹形は堅固なイメージでシュラブ系統の品種が多く存在します。ローズヒップが大きく育ち、その美しさは花にも劣らぬ楽しみを与えてくれます。

大サイズのライン画像