黒蝶 Kurocho は、横張り性で株高が100cm程の小じんまりした樹形です。開花するとロゼット咲きになり、正に黒赤色になります。花弁の表面が、ブルーイング状になるのが特徴です。

黒蝶は濃い赤色の表面が青みがかるブルーイングになる

高芯咲きから深みのある黒赤色のロゼット咲きになる

スポンサードリンク
  • 黒蝶は数輪の房咲きになり、花つきがよいバラ。
  • 咲ききってもロゼット咲きを保ち、美しさが長持ちする。
  • 弁質が優れていて、花もちがよい強健種。
  • 黒バラに特有の日焼けによる縮れが少ない品種。
  • 黒蝶の耐病性は、うどんこ病、黒星病ともに普通。月間3~4回の定期的な薬剤散布は必要。
  • 薬剤散布について→健全育成しているものは、耐性も強く回復力も高いといえます。病害虫対策を考えるとき、つい薬剤に頼ってしまいますが、まずはそのバラが弱ってきた原因を同時に考える必要があります。
  • 園芸品種のバラは原種に比べて耐病性、耐害虫性が弱い傾向にありますので、最近では予防的なオーガニック栽培も増えてきています。

※ バラの手入れや病害対策⇒詳細はトップページの「バラの園芸・作業」をクリックしてください。

黒蝶のツボミはボリュームのある剣弁高芯咲きです

黒赤色バラ特有の花弁の表面が青味がかっているブルーイングになる、樹形は横張りの元気な株立ちに・・

横張り性の樹形で枝は太くて丈夫になる

株はコンパクトにまとまるので鉢植えの栽培にも適しています

黒蝶は数あるバラの中でも特に花もちがよい

赤色バラの弱点は日焼けですが黒蝶は強くて縮れも少ない品種です

黒蝶は樹高が最高で100cm程になる

樹形はコンパクトにまとまり鉢植えに適している

  • 作出国:日本
  • 作出年:2005年
  • 作出者:京成バラ園芸
  • 系統:[F] フロリバンダ
  • 交配親:
  • 咲き方:四季咲き
  • 花形:ロゼット咲き
  • 花径:中大輪(9cm・花弁数17~25枚)
  • 香り:微香
  • 樹形:半直立性
  • 樹高:120cm
  • 撮影:京成バラ園 2014年5月

黒バラ特有の日焼けによる縮れがないバラ

バラ園の風景:谷津バラ園

谷津バラ園の風景

園芸メモ・バラの栽培用語:ブルーイング⇒赤色品種にみられる特有の現象で、開花した後に花色が青味がかった色合いになること。

スポンサードリンク