キャンディストライプ-Candy Stripeは、名花といわれる「ピンクピース」の枝変わり品種で、性質は、ほとんど同じで す。斑の入り具合は、気温や肥料の違いによって大きく影響されます。濃いローズ色の半剣弁高芯咲きの花弁には白い絞りが入る個性的なバラです。

キャンディストライプの花弁には白色の斑が入ります

ローズピンク色の花弁にはフルーツ系の芳香がある

  • キャンディストライプは、たまに元の”ピンク・ピース”に戻ることがあります。
  • 斑の入り方は気候、温度や肥料により異なります。
  • フルーツ系の強い芳香がある。
  • 花首が長くて堅くて、枝にはトゲが多くつく。
  • 樹形は、直立性でベーサルシュートが多く発生します。
  • HT種「ピンク・ピース」の枝変わり品種です。
  • 耐病性は、うどんこ病、黒星病ともに普通。月間3~4回の定期的な薬剤散布が必要です。

※ バラの手入れや病害虫対策⇒トップページ「バラの園芸・作業」をクリックしてください。

キャンディストライプは大輪サイズのバラ

開花して数日が経過しているのでチョッと花弁に力がないかな?

キャンディストライプの樹高は約120cmです

直立性の樹形はまとまりの良い株立ちに揃いますね

キャンディストライプのストライプの白色は株によっても異なります

気温や肥料の状態でも花色が異なりますね。近くの株でも差があります

キャンディストライプは直立性で花首が長いですね

元の「ピンクピース」に戻ることも結構あるみたいですね

キャンディストライプの近くにある石膏像

谷津バラ園には石膏像があちらこちらに配置されています

ローズピンク色の濃淡も株により差がありますね

強健な性質で初心者にも育てやすいバラ

  • 作出国:アメリカ
  • 作出年:1963年
  • 作出者:Edward McCummings
  • 系統:[HT] ハイブリッドティー
  • 交配親:Pink Peace の枝変わり
  • 咲き方:四季咲き
  • 花形:半剣弁高芯咲き
  • 花径:大輪(11cm・花弁数17~30枚)
  • 香り:強香(フルーツ系)
  • 樹形:半直立性
  • 樹高:120cm
  • 撮影:谷津バラ園 2014年11月・2015年5月

シュートの発生が活発で育てやすいバラ

バラ園の風景:山下公園・バラ園

バラ園の風景

園芸メモ・バラの栽培用語:波状弁(なみじょうべん)⇒花びらの縁が波をうったようにヒラヒラになる。

スポンサードリンク