光彩-Kohsaiは、ハイブリッドティー系統にしては早咲きで、花弁の裏表で花色が異なります。樹形も1m少々のコンパクトな株立ちで、海外からの評価が高いバラとして有名です。

光彩はハイブリッドティー系統のバラです

日本では最初に全米大賞を受賞した品種

  • ハイブリッドティー系統品種の中では樹高が低いバラ。
  • 光彩は早咲きの品種です。
  • 耐寒・耐暑・耐病性に優れた強健なバラです。
  • 1988年日本で初のAARS受賞。アメリカでは”MIKADO”と呼ばれています。
  • 耐病性は、うどんこ病には普通。黒星病には弱いので要注意。
  • 黒星病の防除→雨のあたる場所で発生しやすい。鉢植えなどは雨を避けて軒下や屋内などに置くか、雨が降るときは軒下などへ移しましょう。4月~11月のシーズン期間は、気温が20~25℃位になると発生しやすくなります。一度発生すると完治するのに、大変な手間がかかるので、早期に発見して病葉を摘み取り、薬剤を散布します。

※ バラの手入れや病害虫の防除⇒トップページの「バラの園芸・作業」をクリックしてください。

光彩は四季咲き性のバラです

赤色のバラは晴れた日の撮影には難しいです(私が下手ということもありますが)

黒星病に弱いので注意が必要です。薬剤散布は欠かせません

半剣弁高芯咲きとはいいながら開花して時間が経つと丸弁になますね。強健な品種ではありますが

半剣弁高芯咲きの花弁数は17~25枚程です

光彩の葉は厚みのある照り葉で明るい緑色

  • 作出国:日本
  • 作出年:1987年
  • 作出者:京成バラ園芸
  • 系統:[HT] ハイブリッドティー
  • 交配親:Duftwolke × Kagayaki
  • 咲き方:四季咲き
  • 花形:半剣弁咲き
  • 花径:大輪(11cm・花弁数17~25枚)
  • 香り:微香
  • 樹形:半直立性
  • 樹高:130cm
  • 撮影:京成バラ園 2014年10月

アメリカでは「MIKADO」と呼ばれている

バラ園の風景:秋の相模原北公園

バラ園の風景

園芸メモ・バラの栽培用語:(なえ)⇒生育途中の幼い植物や、挿し木・接ぎ木などの栄養繁殖で増やした小さな株のこと。

スポンサードリンク