ミスター ローズ-Mr.Rose は、日本の”バラの父”と評される、世界的なバラ育種家の鈴木省三氏の生誕100年を記念して作出されました。半直立性で、まとまりのよい樹形になる。晴れた日の、京成バラ園で撮影しました。

ミスターローズはハイブリッドティー系統

生長期に注意すべき管理のポイントは

スポンサードリンク
  • 枝先に1輪の大型サイズの花をつけます。
  • 樹形は半直立性で、まとまりのよい株立ちになる。
  • 成株になると、ベーサル・シュートが出にくくなるので、古枝を大切に管理します。
  • 耐寒性に欠けるので、寒冷地での栽培には適さない。
  • 耐病性は、うどんこ病、黒星病ともに弱い。月間4回以上の定期的な薬剤散布が必要。

※ バラの手入れや病害虫の防除⇒詳細はトップページの「バラの園芸・作業」をクリックしてください。

四季咲き大輪サイズのバラ

鈴木省三の生誕100年を記念して作出されました

ミスター ローズは成株になるとシュートの発生が少ない

  • 品種名:ミスター ローズ Mr. Rose
  • 作出国:日本
  • 作出年:2013年
  • 作出者:武内俊介 氏 (京成バラ園芸)
  • 系統:[HT] ハイブリッドティー
  • 交配親:
  • 咲き方:四季咲き
  • 花形:半剣弁高芯咲き
  • 花径:大輪(12cm・花弁数17~25枚)
  • 香り:強香(ティー香+フルーツ香)
  • 樹形:半直立性
  • 樹高:140cm
  • 撮影:京成バラ園 2015年5月

風通しのよい場所でよく育ちます

バラ園の風景:春の京成バラ園

春の晴れた日に生田緑地ばら苑で撮影した風景

園芸メモ・バラの栽培用語:照り葉(てりは)⇒葉の表面がワックスをかけたようにピカピカして光沢があるもの。

スポンサードリンク