ブラック バッカラ Black Baccara は、黒赤色系の品種の中でも、最も黒いバラの一つです。黒赤系にしては、日焼けしにくいのも特徴です。

ブラック バッカラは黒赤色に少し青みを帯びる

最も色の濃い黒バラの一つ

スポンサードリンク
  • 数輪の房咲きになり、小振りながら花つき花もちがよいバラ。
  • 少し焦げ茶色を帯びた濃黒赤色の花色で、半剣弁高芯咲きのバラ。
  • 弁質が厚くて優れているので、花もちがよい。
  • 花枝が細長くトゲが少ないので、切り花用として利用される。
  • 耐病性は、うどんこ病、黒星病ともに普通。1週間~10日に1回以上の定期的な薬剤散布は欠かせません。

※ バラの手入れや病害虫の防除⇒トップページ「バラの園芸・作業」をクリックしてください。

ブラック バッカラは黒赤色のバラです

ブラック バッカラは半剣弁高芯咲きです

ブラック バッカラの樹形は直立性です

ブラック バッカラは直射日光でも日焼けしにくいバラ

枝は細めで葉も小さくて切り花に適する品種

  • 作出国:フランス
  • 作出年:2000年に、Jacques Mouchotte が作出
  • 作出者:2000年に、Meilland International が発表
  • 系統:[HT] ハイブリッドティー
  • 交配親:Celica × Carte Noir
  • 咲き方:四季咲き
  • 花形:半剣弁高芯咲き
  • 花径:中大輪(9cm・花弁数41枚+)
  • 香り:微香
  • 樹形:半直立性
  • 樹高:150cm
  • 撮影:生田緑地ばら苑、横浜イングリッシュガーデン 2015年10月

黒バラにありがちな日焼けがほとんどない品種

バラ園の風景:春の京成バラ園にて

春の京成バラ園の風景 青空が眩しい

園芸メモ:一年枝(いちねんえだ)⇒その年に伸びた枝のこと。(同義=当年枝、本年枝)

スポンサードリンク