ロサ ギガンティア- Rosa gigantea は、ヒマラヤ山脈、ミャンマー北部、中国南西部地方原産の原種バラです。

ロサ・ギガンティアは原種です

野生種の強さを持ったバラなので放っておいても元気に育つ

スポンサードリンク
  • 数輪の房咲きになり、花つきがよい。
  • 枝がよく伸長して、他の原種と比べても大輪サイズで10cm以上になる。
  • ロサ ギガンティアによって、モダンローズ品種群に大輪花やティー香という性質がもたらされた。
  • 耐病性は、うどんこ病、黒星病ともにとても強い。
  • 薬剤散布はほとんど不要だが、病気に強い品種も、月間1回程度の薬剤散布をして予防対策をすることで、より順調な生長が促進されます。

※ バラの手入れや病害虫の対策⇒詳細はトップページの「バラの園芸・作業」をクリックしてください。

ロサ・ギガンティアは一季咲き

ロサ・ギガンティアは一重咲き

ロサ・ギガンティアはシュラブ樹形の横張り性

淡くクリーム色がかる白色の一重咲き

  • 品種名:ロサ ギガンティア Rosa gigantea
  • 作出国:中国南西部
  • 作出年:不明
  • 作出者:不明
  • 系統:[Sp] 原種
  • 交配:
  • 咲き方:一季咲き
  • 花形:剣弁一重咲き
  • 花径:小中輪(6cm・花弁数4~8枚)
  • 香り:中香(ティー香)
  • 樹形:シュラブ(横張りタイプ)
  • 樹高:110cm
  • 撮影:花菜ガーデン 2017年5月

ハイブリッドティー系統の交配の基礎となった品種

バラ園の風景:春の花菜ガーデン

春の花菜ガーデンの風景

園芸メモ・バラの栽培用語:ブルーイング⇒赤色系の花弁が開花して時間の経過と共に、青みを帯びること。赤い色素のアントシアニンが、酸度の変化や吸着する金属によって変化するため。

スポンサードリンク