コッペリア-Coppelia は、名花のピースの直系の子供で、その影響は花姿や株立ちによく現れています。

コッペリアはHT種です

花枝が長くて真っ直ぐに伸長してトゲも少ない

  • 基本は1輪咲きになり、枝は真っ直ぐに伸長する直立性です。
  • 花弁が大きく、雨などにより傷みやすい。
  • 耐病性は、うどんこ病、黒星病ともに普通。1週間~10日に1回以上の定期的な薬剤散布は欠かせません。病気に強い品種も、月間1回程度の薬剤散布をして予防対策をしておくことで、より順調な生長が促進されます。
  • 園芸メモ→ポット苗を育てる
  • ポット苗を地植えにする場合
  • 苗が園芸店などで流通する10月~翌年の2月の時期に、購入した苗がポットに植えられている場合は、芽が動いていることもあるので、根鉢を崩さないように注意して植え付けます。
  • 裸苗の場合は、山形に土を盛った上に、根を広げた状態の苗を植え付けます。植え穴には、よく耕して堆肥や油かす180g、骨粉180gを混ぜ込んでおきます。
  • 植え終わったら、水をタップリと与えましょう。植え付け作業をする時間帯は、午前中に行うのが理想ですが、午後に植えた場合は翌日の午前中にタップリと水を与えます。
  • ポット苗を鉢植えで育てる場合
  • 6~10号鉢の鉢底にゴロ石を敷いたら、赤玉土(中粒)6:赤土1:もみ穀くん炭1:ピートモス2の配合をした用土を利用します。(基本の1例ですから、代用品でも可)
  • 苗の芽が伸びている場合は、根鉢を崩さないように植え付けます。
  • 苗の芽が伸びていない場合は、地植えの裸苗と同様に、土を崩して根を広げるようにして植え付けましょう。

スポンサードリンク

バラのタイトル 今月のバラ

コッペリアは四季咲きです

コッペリアは半横張り性です

コッペリアは半剣弁杯状咲き

コッペリアは名花ピースの子供です

コッペリアの樹高は約100cmです

葉は明るい緑色で葉数は茂るほど多くはない

  • 品種名:コッペリア Coppelia
  • 作出国:フランス
  • 作出年:1952年
  • 作出者:Francis Meilland
  • 系統:[HT] ハイブリッドティー
  • 交配:Peace × Europa
  • 咲き方:四季咲き
  • 花形:半剣弁杯状咲き
  • 花径:大輪(11cm・花弁数25~28枚)
  • 香り:中香
  • 樹形:半横張り性
  • 樹高:100cm
  • 撮影:花菜ガーデン 2017年5月

※ バラの手入れや病害虫の対策⇒詳細はトップページの「バラの園芸・作業」をクリックしてください。

交配親のピーズの影響を色濃く受け継いだバラ

バラ園の風景:春の花菜ガーデン

春の花菜ガーデン