明るいオレンジ色で、中輪の丸弁平咲きの花弁の端が柔らかく波打ちます。ウエスターランド-Westerland は、シュラブ系統のクライミングローズ樹形で、枝の長さは300cmにも伸長して自立します。

丸弁平咲きで樹勢が強い

花弁が大きく波打つオレンジ色のバラ

  • ウェスターランドは数輪の房になって開花する、花つきがとてもよいバラ。
  • 香りは強めで、スパイシーな芳香がある。
  • 暖地では花色がやや桃色になり、寒冷地では濃いめの色になる。
  • 春以降はときどき返り咲きして、寒冷地になるほど長く咲きます。
  • 枝がよく伸びるので、つるバラとして扱うのが一般的だが、冬に短く切り詰めて自立させることも出来ます。
  • 枝変わりに、山吹色の”オータム・サンセット”と、明るい黄色の”レモン・メレンゲ”があります。
  • 耐病性は、うどんこ病には普通。黒星病には強い。ともに薬剤散布をすることでより順調な生育が期待できます。

※ 手入れ方法や病害虫対策⇒詳細はトップページの「バラの園芸・作業」をクリックしてください。

スポンサードリンク

株元から数本の太くて堅い主幹を伸ばし手、枝は自立します

シュラブ系統のつる性で株は自立する

枝はトゲが多く堅いため誘引には少々手間が掛かる

  • 作出国:ドイツ
  • 作出年:1969年
  • 作出者:Reimer Kordes
  • 系統:[S] シュラブ
  • 交配親:Friedrich Worlein × Circus
  • 咲き方:返り咲き
  • 花形:丸弁平咲き
  • 花径:中輪(花弁数・20~30枚)
  • 香り:強香(ダマスク・クラシック香が基調のスパイシー香)
  • 樹形:つる性
  • 樹高:300cm
  • 撮影:神代植物公園 2014年6月

ウェスターランドは赤味を帯びた枝葉が個性的なバラ

バラ園の風景:春の花菜ガーデン

 

春の花菜ガーデンの風景