ふれ太鼓-Fure daiko は、花色が黄色からオレンジ色へ、そして赤色に変化していきます。大房になって咲き、花つきのよい品種です。

ふれ太鼓はクライミング系統のバラ

黄色から弁端より橙に変化して朱色に染まる

  • 四季咲き性のクライミング・ローズなのであまり伸長しないが、横に広がり密な樹形になる。
  • 満開時は中輪花がまとまって乱れ咲く。
  • 寒さに強く、強健なバラです。
  • ふれ太鼓の別名はピニャータです。
  • 樹高が150cm以上あるが、コンパクトで密な樹形になりやすい。
  • 耐病性は、うどんこ病、黒星病ともに強い。2種類の病害に耐病性がある数少ない品種。

    スポンサードリンク

今日のバラ・タイトル

ふれ太鼓は四季咲きです

ふれ太鼓は黄色とオレンジ色の花色です

ふれ太鼓の樹高は約200cmです

ふれ太鼓の花形は半剣弁高芯咲きです

ふれ太鼓の香りは微香です

ふれ太鼓は数輪の房咲きになります

ふれ太鼓は非常に強健で耐病性があります

弁端が少し波打つ半剣弁平咲きの中輪バラ

  • 作出国:日本
  • 作出年:1974年
  • 作出者:鈴木省三 氏 (京成バラ園芸) 
  • 系統:[Cl] クライミング
  • 交配親:(Goldilocksの実生 × Sarabande)× Golden Glant
  • 咲き方:四季咲き
  • 花形:半剣弁平咲き
  • 花径:大輪(11cm・花弁数17~34枚)
  • 香り:微香
  • 樹形:つる性
  • 樹高:200cm
  • 撮影:神代植物公園 2014年5・6月、2015年5月

※ バラの手入れや病害虫の防除⇒トップページ「バラの園芸・作業」をクリックしてください。

ふれ太鼓は寒さや病気に強くて丈夫なバラ

バラ園の風景:

相模原北公園・バラ園の風景