オレンジ メイアンディナ Orange Meillandina は、丈夫な性質でシュートの発生が活発で、よく枝を茂らせます。

オレンジメイアンディナはミニチュア系統

弁端が少し内側に反り返る

  • 5~7輪の房咲きになり、花つき花もちがよい。
  • 花後の、花がらは丁寧に切り取る必要はないが、早めに花房だけを摘み取ってやると次の芽が早く出ます。
  • 枝変わりに、花色がサーモンピンク色の「ピンク・メイアンディナ」、つる性の「つるオレンジ・メイアンディナ」がある。更に、ピンク・メイアンディナの枝変わりにローズ色の「デューク・メイアンディナ」があります。
  • 耐病性は、うどんこ病には普通。黒星病には弱い。Min種に共通するのはハダニが大敵で、当品種も例外ではない。

※ バラの手入れや病害虫の防除⇒トップページ「バラの園芸・作業」をクリックしてください。

オレンジメイアンディナは四季咲き

オレンジメイアンディナは平咲きです

オレンジメイアンディナは樹高は約60cm

大株に育つと次々と返り咲く

  • 作出国:フランス
  • 作出年:1979年
  • 作出者:Marie-Louise(Louisette) Meilland
  • 系統:[Min] ミニチュア
  • 交配:MEIchanso × ( Baby Bettina × Duchess of Windsor )
  • 咲き方:四季咲き
  • 花形:平咲き
  • 花径:小輪(4cm・花弁数41枚+)
  • 香り:微香
  • 樹形:横張り性
  • 樹高:60cm
  • 撮影:花菜ガーデン 2018年5月

葉は濃緑色の照り葉でよく茂る

バラ園の風景:山下公園・バラ園

山下公園の風景

園芸メモ:花粉(かふん)⇒雄しべの先端の葯の中にある黄色に粉状のもの。花粉は雌しべの柱頭に付くと、発芽して花粉管を伸ばして、花柱の中を進んでいき受精が行われる。

スポンサードリンク