ブーゲンビリア Bougainvillea は、南米に14種が分布する蔓性の常緑低木です。春~秋の鉢花として広く育てられています。温暖地では、露地植えにして庭木として栽培することもできます。適温であれば開花するので、植物園の温室などでは、一年を通して花を観ることができます。

ブーゲンビリア

南米原産のビビッドな色合いの花木です

  • 分類:オシロイバナ科・イカダカズラ属 / 原産地:南米
  • 学名:Bougainvillea spectabilis
  • 別名:いかだかずら(筏葛)
  • 蔓性常緑低木・弱耐寒性 / 草丈:3m
  • 開花期:温度があえば周年(自然環境下だと・5月~10月・真夏は除く) / 栽培方法:地植え、鉢植え
  • 特徴
  • 日当たりは、欠かせませんので午前、午後のいずれか半日程度は日の当たる場所で育てましょう。日光不足になると、花が落ちやすく生育も悪くなります。
  • 真夏の時期など、曇天の日が続いた後に、急に強い日差しを浴びると、花や葉が日焼け障害をおこすことがあります。徐々に慣らすように管理しましょう。
  • 鉢植えの場合は、場所を移動。地植えの場合は、寒冷紗などを使い日差しをさえぎる工夫をします
  • 花びらのように見えるのは、苞(ほう)という葉の一種で、花の本体は開いている先端の、筒状の部分です。更に正確にいうと、花びらは持たず筒状の部分は、萼(がく)ということになります。
  • 品種改良されて、花色(苞)も白、赤、紫、すみれ色、オレンジ、ピンク色など多数の品種があります。(画像の品種は、サンデリアーナ)
  • 近縁種
  • ()内は学名、B.はBougainvilleaの略
  • サンデリアーナ(Sanderiana)→苞の色がすみれ色で最も普及している品種の1つ、園芸品種。
  • ヴァリエガタ(Variegata)→葉に黄色や乳白色の模様が入る、斑入りブーゲンビリアとも呼ばれる、園芸品種。
  • グラブラ(B. glabra)→ブラジル原産で、茎に太いトゲを持つ。照り葉で、和名はテリハイカダカズラと呼ばれる。
  • スペクタビリス(B. spectabilis)→ブラジル原産、先端の曲がったトゲを持つ。苞は赤、ピンク、紫色で葉は波打つ。
  • バッティアナ(B. × buttiana)→グラブラとペルビアナの雑種で、苞が大きく美しい品種で鉢植えに適する。
  • ペルビアナ(B. peruviana)→苞の色はピンク~マゼンタで丸型。トゲは短くて真っ直ぐ、一年に数回開花することもある。

ブーゲンビリア

乾燥した地域や環境で育つ植物です

  • 適応
  • なし
  • 料理・飲み物で楽しむ
  • なし
  • 用土
  • 水はけがよく、肥沃な土壌を好みます。粘土質の土や、湿り気のある場所は避けましょう。
  • 鉢植えの場合、赤玉土(小粒)7:腐葉土3の割合で混ぜ合わせた土が適しています。
  • 水はけをよくするには、赤玉土(中粒)5:腐葉土3:軽石2の割合で混ぜた土を利用します。 
  • 肥料
  • 生育期の4月~10月の間は、2ヶ月に1回程度で少量の固形肥料を施します。肥料が効いていると、枝葉の生長は著しいが花芽はつけません。

ブーゲンビリア

ブーゲンビリアを増やすことはできるの?

  • 挿し木で増やす
  • 適期は6月~7月です。
  • 当年に伸びた枝で、生長が止まって堅くて丈夫そうなものが、根が出やすいのです。10cm位に切った枝を、約1時間ほど水に浸して、吸水させます。
  • ピートモスや川砂を入れた鉢に挿して、土壌が乾かないようにビニール袋で覆っておきます。明るい日陰に置いて、乾かないように管理すると40日位で発根します。生長をはじめたら、少しずつ明るい場所に慣らしていきます。

  • タネまきで増やす
  • 適期は3月~4月です。
  • 3月下旬頃、植えつけたタネが軽く被る程度に浅く土をかけておきます。気温が20℃になる頃に発芽します。
  • 植え替え
  • 適期は4月~5月です。
  • 根の生長が活発で、鉢内が根詰まりしやすいので、1~2年に1回は大きめの鉢に植え替えします。

ブーゲンビリア

  • 水やり
  • 生育期の4月~10月の間は、土が乾いたらタップリと水を施します。
  • 若い枝が十分に生長する時期に、乾き気味で葉がしおれる位まで待ってから、水やりをした方が花つきがよくなります。理由は、乾湿の差がある方が、花芽がつきやすい性質だからです。開花期は、しおれない程度に控えめに施しましょう。
  • 晩秋から冬の時期は、生長が停滞するので水やりを控え、乾燥気味にしましょう。ブーゲンビリアの性質に対応した、水加減で花つきがよくなるように調整します。
  • 手入れ
  • つるが伸びるので支柱をたてて絡ませます。
  • 花後の枝は2~3節を残して切り落として、新しい芽が発生するようにします。新たに伸びた枝でも、勢いが強すぎて株を乱すものは切り詰めましょう。
  • 花をつけるのは、充実した若い枝です。温室栽培は問題ないのですが、屋外での自然環境下では5月~10月が開花時期です。
  • 花がつくのは、主に短い枝です。長く間延びした枝には花はつかないので、短い枝を多数発生させるようにすると、花つきもよくなります。
  • 病気→なし
  • 害虫→春先にアブラムシが発生しやすいので、葉裏をマメに点検して、発生したら薬剤散布をします。

※ ハーブや草花の手入れはトップページ「ハーブ植物の栽培上手」をクリックしてください。

  • 日当たり・置き場所
  • 日当たりのよい場所を好みます。日当たりが悪いと枝が間延びして、花つきも非常に悪くなります。
  • 鉢植えが開花している時、室内に取り込むと日照不足になり花が落ちることもあります。常に日に当たる状態を保つことが栽培のポイントです。
  • 熱帯植物の割には、比較的寒さには強いが、屋外で冬越しができるのは5℃が境界線で、凍結や霜には耐えられません。
  • 鉢植えの場合、冬の間は室内や軒下の日当たりのよい場所に置きます。冬越しの後、遅霜がなくなった5月頃に、屋外に出して日差しに当てます。
  • 開花中は、場所の移動など環境が変わると、花が落ちやすいので注意しましょう。

参考:撮影・大船植物園にて 2016年12月6日 12月らしくない暑い日で、セーターや上着がいらない程、汗をかいたお天気でした。

スポンサードリンク