シンプリーヘブン バラ-淡黄色の半剣弁高芯咲き-イパネマおやじ

シンプリーへブン (Simply Heaven) は、HT種ですが温暖地では、根元から頻繁にシュートが発生して半つる状に伸びて、夏後に花をつけます。寒冷地では、半つる状にはならず1輪咲きの大きな花をつけます。

シンプリーヘブンは清潔観のあるベージュ色

花芯は少し濃いアプリコットイエローになる

  • 基本的に1輪咲きだが、房咲きになるときもあります。
  • 秋の開花を迎えるために、夏の剪定は8月中に行っておくとよいでしょう。
  • 樹勢が強く生育旺盛で、初心者にも育てやすいバラですよ。
  • 根元からシュートを活発に発生させ、温暖地だとシュラブ状になり元気に育ちます。
  • 寒冷地だとシュラブ状にならずに、まとまりよく育ち、花のサイズも大きくなる
  • イギリスRNRS金賞、ぎふ国際コンクール金賞を受賞したバラ。
  • 耐病性は、うどんこ病、黒星病ともに強い。月間1回以上の薬剤散布をしておくと、より順調な生育が期待できる。 

段落の仕切りライン大

※ バラの病害虫の防除対策⇒詳細はトップページの「バラの園芸・作業」をクリックしてください。

シンプリーヘブンは大輪のハイブリッドティー系統

シンプリーヘブンはシュートの発生が活発

シンプリーヘブンはツボミの花色は少し濃い目のバニラ色

基本は1輪咲きだが温暖地では房咲きになることもある

シンプリーヘブンのツボミの花色は素晴らしい

シンプリーヘブンは端数が多くよく茂ります

 寒冷地で育てると樹形がまとまり花つきもよいバラ

  • 作出国:イギリス
  • 作出年:1992年
  • 作出者:Colin Dickson
  • 系統:[HT] ハイブリッドティー
  • 交配親:Solitaire × Benita
  • 咲き方:四季咲き
  • 花形:半剣弁高芯咲き
  • 花径:大輪(10cm・花弁数26~40枚)
  • 香り:微香
  • 樹形:半横張り性
  • 樹高:160cm
  • 撮影:京成バラ園 2016年5月

花名は天国を思わせる程美しいバラという由来から

バラ園の風景:春の神代植物公園

バラ園の風景

園芸メモ:バラの栽培用語:オベリスク⇒塔のように縦長に組まれた支柱のこと。つるバラを誘引させる支柱のこと。

段落の仕切りライン大