コガネバナ Baikal skullcup は、山野草として愛好家に育てられことも多く、切り花としても利用されます。茎は直立するが下部が横に匍匐して増えます。

コガネバナは根が鮮やかな黄色をしている

黄芩(オウゴン)とも呼ばれる漢方薬

  • 分類:シソ科・タツナミソウ属 / 原産地:中国北部、朝鮮半島、シベリア
  • 学名:Scutellaria baicalensis
  • 英名:Baikal skullcup
  • 別名:コガネヤナギ、ヤマヒヒラギ、(漢字表記・黄金花)
  • 多年性草本 / 草丈:30cm
  • 草丈:30~50cm
  • 開花期:7~9月 / 栽培方法:地植え、鉢植え
  • 特徴
  • 江戸時代の享保年間(1716~1736年)に初めて、幕府の小石川御薬園で栽培されました。
  • 種子が渡来したのは、享保11年(1726年)に朝鮮半島より取り寄せたとの記録が「薬草木書留」に残されている。
  • 漢方薬として利用されているのは、2~4年経った黄色の根を秋に堀り上げて、よく洗ったものを刻んで乾燥したもので、黄芩(オウゴン)と呼ばれます。現在でも、血圧を下げる代表的な漢方薬である、三黄黄芩湯などに配合されています。

タツナミソウの草丈は40cm前後です

根を乾燥させたものが漢方の黄岑になる

  • 適応
  • 黄芩(オウゴン)は、各種の漢方処方に配合して利用される。
  • 漢方の三黄瀉心湯(サンオウシャシントウ)は、黄芩(オウゴン)、黄連(オウレン)、大黄(ダイオウ)の三つの黄(オウ)のつく生薬が配合されているので、三黄(サンオウ)と呼ばれます。便秘がちで高血圧症状の、血圧を下げる代表的な漢方処方に利用されます。
  • 料理・飲み物で楽しむ
  • なし
  • 用土
  • 鉢植えの場合は、腐葉土3:赤玉土7の割合で混ぜ込んだ土を使います。
  • 地植えの場合は、水はけがよく保水性のある土壌を好みます。
  • 肥料
  • 春か秋に化成肥料を施します。

コガネバナはシソ科タツナミソウ属

  • タネまきで増やす
  • 適期は3月下旬から4月中旬です。
  • 播く種量は10a中り500mlが標準、約20万粒です。80cmの畝幅に3条の播き溝を作りタネを播きます。タネの上にうすく覆土をして軽くおさえておく。降雨によってタネの露出を防ぐため、切りワラを散布する。
  • 苗丈が5~10cmの頃に2回程間引きを行い、株間は15cm位にする。

  • 植え付け
  • 苗の植え付けの適期は4月から5月上旬です。
  • 苗丈が5~10cmの頃に2回程間引きを行い、株間は15cm位にする。

コガネバナは多年草です

  • 水やり
  • 鉢植えの場合は、土の表面が白く乾いたらタップリと施します。
  • 地植えの場合は、自然のままで育つ。水はけがよく保水性のある土壌を好む。

コガネバナの手入れは何をするの?

  • 手入れ
  • 萌芽期に、株元に腐葉土かピートモスのマルチングを施す。
  • 梅雨時期の対策をする、開花後は早めに花穂を刈り取る。
  • 夏は半日陰になる場所を選んで定植又は鉢の移動をしてやる。

※ ハーブの栽培手入れ→トップページ「ハーブ植物の栽培上手」をクリックしてください。

  • 収穫
  • 2~4年の秋に、地上部が黄変した頃に刈り取り、根を傷つけないように堀り上げて水洗い後、竹べら等で皮を剥き乾燥させる。
  • 乾燥した根は黄色~鮮やかな橙黄色になります。室内などに放置しておくと青緑色を帯びて劣化するので注意しましょう。
  • 日当たり
  • 温暖な気候を好むが、寒冷地でも栽培が可能です。夏は半日陰になる涼しい場所に定植する。
  • 鉢植えの場合は、場所を移してやります。
スポンサードリンク