パティエンス バラ-桃色に赤紫色が染まる艶やかな花色-イパネマおやじ

パティエンス(Patience)は、桃色に赤紫色が混じり合う鮮やかな色合いは、気分を高揚させてくれるバラです。数輪咲きになることもあるが、殆どは単輪咲きで枝を半直立気味に伸ばします。

ローズピンク色の大輪咲き

まとまりのよい樹形になり育てやすい

  • 1輪咲きになることが多く、枝は半直立に伸長する。
  • 柔らかい柑橘系の、シトラスの芳香があります。
  • 耐病性は、うどんこ病、黒星病ともに普通。春から秋の生育期には、月間3~4回の薬剤散布は必要です。

段落のライン画像

  • 栽培を管理する際には、大株のバラは出芽期に株内部の芽かきをして、小枝の発生を防ぎ、風通しをよくして薬剤がかかりやすくする必要があります。また、化学肥料の多用やチッ素過多の状態では、株が軟弱に育ってしまい病気にかかりやすくなります。過剰な肥料は避けて、健全な生育を促すことが大切です。
  • バラの手入れや病害虫の防除⇒トップページ「バラの園芸・作業」をクリックしてください。

パティエンスはハイブリッドティー系統

パティエンスは四季咲き性

パティエンスは樹高120cm

ローズピンク色の大輪サイズです

花もちがよいので切り花にも適する

  • 作出国:フランス
  • 作出年:2006年
  • 作出者:Aveline Gaujard
  • 系統:[HT] ハイブリッドティー
  • 交配:不明
  • 咲き方:四季咲き
  • 花形:半剣弁高芯咲き
  • 花径:大輪(11cm・花弁数26~40枚)
  • 香り:中香(ダマスク香・フルーティな香り)
  • 樹形:半直立性
  • 樹高:120cm
  • 撮影:花菜ガーデン 2019年5月

樹勢は普通だが薬剤の定期散布は必要

バラ園の風景:

春の花菜ガーデンの風景

段落のライン画像