ピンクレディラッフル 弁端が切れ込み状になる珍しい花形-イパネマおやじ

ピンクレディラッフル(Pink Lady Ruffle)は、2015年に作出された品種で、まだ知名度や流通量が少ない品種です。オランダのインタープランツ社が作出した、バランスのとれた良質な品種なので、これから市場の流通量も増えると思われます。弁端が独特の切れ込み状になるのが特徴ですね。

ピンクレディラッフルはハイブリッドティー系統のバラ

基本的には丈夫で育てやすい品種

  • 花弁が切れ込み状になるインタープランツ社の「ラッフルローズ」シリーズのバラ。
  • 数輪の房咲きになり、花つきは普通で花もちはよい。
  • 耐病性は、うどんこ病には普通、黒星病には弱い。
  • まだ、栽培実績のデータが少ないです。後日明らかなことがあれば追記します。

段落のライン画像

ピンクレディラッフルは朱色のバラ

ピンクレディラッフルは中輪サイズです

ピンクレディラッフルは基部がクリーム色です

ピンクレディラッフルはオランダで作出

整った樹形になりトゲも少なく育てやすい

  • 作出国:オランダ
  • 作出年:2015年
  • 作出者:インタープランツ社
  • 系統:[HT] ハイブリッドティー
  • 交配:
  • 咲き方:四季咲き
  • 花形:切れ込み弁平咲き
  • 花径:大輪(10cm・花弁数17~25枚)
  • 香り:微香
  • 樹形:直立性
  • 樹高:80cm
  • 撮影:花菜ガーデン 2019年5月

葉は厚みのある明緑色の照り葉

春のバラ園の風景:

花菜ガーデンの春バラ