オロール ドゥ ジャックマリー Aurore de Jacques Marie は、クリームイエロー色の花は開花が進むと、弁端にピンク色のほかしが入ります。柔らかい花色と共に、コンパクトにまとまるブッシュ樹形の個性的な品種です。

オロールドゥジャックマリーは繰り返し咲き

直立性で樹高は100cmの半つる性

スポンサードリンク
  • 数輪の房咲きになり、花つきもよい。
  • 半つる性のバラとして、小さめの壁面などへ誘引してもよい。
  • 耐病性は、うどんこ病、黒星病ともに普通。春から秋の生育期には、月間3~4回の薬剤散布は必要。

※ バラの手入れや病害虫の防除⇒トップページ「バラの園芸・作業」をクリックしてください。

オロールドゥジャックマリーは半つる性の樹形

オロールドゥジャックマリーは樹高が100cm程

オロールドゥジャックマリーは白色のバラ

オロールドゥジャックマリーは直立性の樹形

マルセイユの育苗家ドミニク・マサド氏が作出

  • 作出国:フランス
  • 作出年:1999年
  • 作出者:Dominique Massad
  • 系統:[S] シュラブ
  • 交配:未発表
  • 咲き方:繰り返し咲き
  • 花形:丸弁平咲き
  • 花径:大輪(10cm・花弁数26~40枚)
  • 香り:微香
  • 樹形:半つる(直立)
  • 樹高:100cm
  • 撮影:花菜ガーデン 2018年5月

壁面などへ誘引しても映える

バラ園の風景:

横浜イングリッシュガーデンの風景

園芸メモ:エディブルフラワー⇒観賞用の花だが、食用に利用できる花のこと。(ハーブ類、バラ、パンジーなど)

スポンサードリンク