ムーディーブルー Moody Blue は、やや濃いラベンダー色で、丸弁平咲きになり弁端が濃い紫色になります。

ムーディーブルーはハイブリッドティ系統

ラベンダー系としては花弁質が優れ肉厚

スポンサードリンク
  • 花弁は1輪または、数輪の房咲きになる。
  • 花の開花ペースは早いほうで、花もちは中程度です。
  • 葉や茎は赤みを帯びて、丈夫によく茂ります。
  • 樹勢がとても強く、2~3年で太くて丈夫な株に生長する。
  • 耐病性は、うどんこ病には強い。黒星病には普通。黒星病の防除のために、7~10日に1回以上の定期的な薬剤散布は欠かせません。病気に強い品種でも、月間1回程度の薬剤散布をして予防対策をすることで、より順調な生長が促進されます。

※ バラの手入れや病害虫の防除⇒トップページ「バラの園芸・作業」をクリックしてください。

ムーディーブルーは直立性の樹形

ムーディーブルーは丸弁平咲きです

ムーディーブルーは四季咲きです

枝はトゲが少なく真っ直ぐに伸長する

  • 作出国:イギリス
  • 作出年:2008年
  • 作出者:Gareth Fryer
  • 系統:[HT] ハイブリッドティ
  • 交配:
  • 咲き方:四季咲き
  • 花形:丸弁平咲き
  • 花径:大輪(10cm・17~25枚)
  • 香り:中香(ミルラ系+ブルー系のミックス)
  • 樹形:直立性
  • 樹高:140cm
  • 撮影:花菜ガーデン 2018年5月

葉は明緑色で光沢のある照り葉

バラ園の風景:春の花菜ガーデン 

春の花菜ガーデンの風景7

多摩グリーンライブ

園芸メモ:ラベンダー色のバラ→紫は、情熱を表す赤色と、冷静を表す青色が交じり合っています。神秘的な佇まいの品種が多いですね。洋の東西を問わず、王侯・貴族だけが身にまとうことを許された、高貴な色として扱われてきました。ラベンダー色のバラが、どことなく威厳を感じさせるのは、このような歴史がそうさせるのでしょうかね。

スポンサードリンク