ラブ-Love は、鮮やかな赤色の表弁と、白色の裏弁とのコントラストが絶妙の花姿です。中大輪の花が、株全体を覆うよう多数の花をつける品種です。

ラブは剣弁高芯咲きの中輪花です

表弁が赤で裏弁が白色の対比が美しいバラ

スポンサードリンク
  • 数輪の房咲きで、花つきがよいバラ。
  • 少し花の開きが早い、花もちは普通のバラ。
  • 花弁数は30~35枚の中輪サイズです。
  • シュートが多数発生するが、コンパクトにまとまりがよい樹形になる。
  • 耐病性は、うどんこ病、黒星病ともに普通。共に防除のためには、月間3~4回以上の継続した薬剤散布が必要です。
  • 黒星病の防除→4月~11月までの気温20~25℃位のときに多発します。葉に墨を滲ませたような3mm程の丸い病班ができたら、黒星病の初期症状です。地面に近い葉から徐々に上に広がり、やがて葉は黄色くなり落葉してしまいます。

※ バラの手入れや病害虫の防除⇒トップページ「園芸・作業」をクリックしてください。

ラブは赤色系の剣弁高芯咲きで中輪サイズです

ラブの樹形は直立性です

ラブは樹高が約120cmくらいです

ラブは数輪の房咲きになり花つきがよい品種です

ラブはグランディフローラ系統です

3月下旬頃のまだ寒い時期ながら、元気に枝を伸ばしていました  

ラブは細めの枝が多数伸びるがまとまりのよい株立ちになる

コンパクトにまとまるので鉢栽培にも適する

  • 作出国:アメリカ
  • 作出年:1977年
  • 作出者:William A. Warriner
  • 系統:[Gr] グランディフローラ
  • 交配親:実生 × Redgold
  • 咲き方:四季咲き
  • 花形:剣弁高芯咲き
  • 花径:中輪(9cm・花弁数26~40枚)
  • 香り:微香
  • 樹形:半直立性
  • 樹高:140cm
  • 撮影:相模原北公園・2014年10月・2015年5月 大船植物園・2015年4月 生田緑地ばら苑・2016年5月

グランディフローラ系統で大輪花を咲かせるバラ

バラ園の風景:山下公園・バラ園

横浜の山下公園・バラ園の風景

園芸メモ・バラの栽培用語:強剪定(きょうせんてい)⇒剪定をする際に、最も強く深めに枝を切ること。ハイブリッドティー系統に多く見られ、枝が強く引き締まり、成長力が強い品種ならば強剪定にも耐えることができます。ベーサルシュートは、地上から40cm程度を目安に切り詰めます。

スポンサードリンク