アイビーゼラニウム 季節の花-春~秋まで長い間開花する-イパネマおやじ

アイビーゼラニウムは、4月頃になると先端部の茎の葉の付け根から花序を出し、花径4~5cmの小花を咲かせます。ゼラニウムの仲間ですが、つる性なのでハンギングバスケットなどにして育てると茎が下垂して、花と葉の美しさが楽しめます。開花期がとても長く11月頃まで咲き続けます。四季咲き性ですが、高温多湿が苦手なので夏の前に切り戻しておきます。秋になると再び開花します。過湿に弱く、地植えでは根腐れしやすいのでコンテナや吊り鉢で育てるのがよいでしょう。

アイビーゼラニウム

夏の暑さ冬の寒さに弱いのでコンテナ栽培で育てる

  • 分類:フウロソウ科テンジクアオイ属 / 原産地:南アフリカ
  • 別名:ツタバテンジクアオイ(漢字表記:蔦葉天竺葵)
  • 学名:Pelargonium peltatum
  • 園芸分類:多年草 / 耐寒性(やや弱い)、耐暑性(やや弱い)
  • 草丈:30cm位 / つる丈:30~100cm
  • 苗の植え付け:3月中旬~5月、9月~10月
  • 植え替え:4月~5月、9月中旬~10月中旬
  • 挿し木適期:6月、9月中旬~10月下旬
  • 開花期:4月~11月
  • 栽培方法:コンテナ(植木鉢、プランター)ハンギングバスケット ※記載している各適期は温暖地(中間地)での目安です。(寒冷地、暖地では、環境に合わせた栽培を確認してください)

仕切りライン緑色

  • 特徴
  • ゼラニウムの仲間は、南アフリカを原産として北欧、北米などの広い範囲に約280種が分布するフウロウソウ科テンジクアオイ属の植物です。アイビーの名前は、花形が観葉植物のヘデラ(別名がアイビー)の葉形に似ていることから名付けられたようです。別科別属で全く別の植物です。(アイビーのサイト内詳細ページ
  • アイビーゼラニウムは、南アフリカのケープ地方原産のペルタツム種(Pelargonium peltatum)を基にして作出された園芸品種の総称です。常緑多年草で観葉植物の「アイビー」の葉に似た葉は光沢のある革質で、伸長した茎が下垂するので、この花名が付いています。
  • 近縁種
  • ゼラニウム(Pelargonium × hortorum L. H. Bailey)→和名はハナテンジクアオイ。四季咲き性の多年草。南アフリカ原産のモンテンジクアオイ (Pelargonium zonale) と テンジクアオイ (Pelargonium inquinans) の交雑により作出された園芸品種。国内で一般的に「ゼラニウム」と呼ぶのは当種のこと。草丈は30~80cmで茎葉を切ると独特の香りがある。開花期は3月~12月上旬。
  • センテッド・ゼラニウム(P. graveolens)→和名はニオイテンジクアオイで別名はトゥルー・ローズ・ゼラニウム(バラの香りのゼラニウム)原産地は、東アフリカ、モロッコ、エジプト。自立性低木の多年草で、草丈は60~100cm。開花期は4月~7月。(サイト内詳細ページ

フウロウソウ科の花です

  • 適応(ハーブ、漢方としての適用)/ 料理・飲み物で楽しむ
  • なし
  • 用土
  • コンテナの場合、市販の草花用培養土にパーライト1~2割混ぜ込んだものか、または赤玉土(小粒)5:腐葉土3:パーライト2:の割合で混ぜ込んだ、水はけのよい土を使います。
  • 肥料 
  • コンテナの場合、植え付けの際に用土の中に元肥として緩効性化成肥料を混ぜ込んでおきます。鉢底石を敷いて、苗を定植後の追肥は、4月~11月の間、月1回緩効性化成肥料を置肥します。または月2~3回薄めの液体肥料を施してもよいです。(用土に、市販の草花用培養土を使う場合、あらかじめ元肥が混ぜ込んである場合があるので、確認してから元肥を施します)
  • 追肥の際は、植物の根や葉に直接肥料が触れないように注意しましょう。夏季の7月~8月は肥料を施さないようにしましょう。

テンジクアオイ属の草花

コンテナは雨に当たらない場所で管理する

  • 苗の植え付け
  • 適期は、3月中旬~5月、9月~10月です。春と秋になると花の咲いた苗が流通します。(適期でなくても、一年中苗が流通しています)
  • コンテナの場合、鉢底石を敷き、根鉢の根を傷めないように、古い土を軽く落としてから植え付けます。定植したら、「用土」と「肥料」の項目で準備しておいた先程の土をコンテナに入れます。植え付け直後にタップリの水を施します。
  • 植え替え
  • 適期は、4月~5月、9月中旬~10月中旬です。
  • コンテナの場合、根詰まりを防ぎ通気をよくするために、年に1回を目安に行いましょう。新しい用土と元肥を入れた1回り大きな鉢に植え替えます。
  • 増やし方
  • 挿し木で増やす→適期は、6月、9月中旬~10月下旬です。茎を3節程の長さで切り取り、挿し穂にします。(サイト内・挿し木詳細ページ
草花の2枚組

草花ガーデンの風景

コンテナ底部の水分過湿に注意する

  • 水やり
  • コンテナの場合、土の表面が乾いたらタップリと水を施します。過湿に弱いので、休眠期(冬)は控えめに施しましょう。(表土が乾いてから2~3日待ってから)梅雨時期には、日当たりがよく直接雨が当たらない軒下などへ移動させます。
  • 手入れ
  • 剪定→適期は、秋になったら伸び過ぎた蔓を切り取って樹形を整えます。
  • 切り戻し→秋になって切り戻した蔓は、挿し木に利用できます。
  • 花がら摘み→花後の枯れた花は、早めに切り取ると次の開花でよい花を咲かせます。
  • 防寒対策→冬季は、室内に取り込んで明るい窓際に置きましょう。
  • 病気→灰色カビ病
  • 日当たり
  • 日当たりのよい場所を好みます。夏は直射日光を避けて、風通しのよい涼しい場所に老いましょう。

仕切りライン緑色