ツルニチニチソウ 季節の花-つる性の常緑多年草-イパネマおやじ

  • ツルニチニチソウは、キョウチクトウ科の常緑多年草(亜低木)です。茎がj地表を這うように広がり、長さは200cm程になります。3~5月に新芽を出して、つるを50cm程伸ばして花を付けます。花を付ける茎だけが直立して、3cm程の筒状花を咲かせます。花冠は5裂して、花色は白、青、紫色です。よく似た名前のニチニチソウ(Catharanthus roseus)は、別属のニチニチソウ属で植物分類上でも異なる植物です。
  • 地面を這うように広がる性質を利用して、バラのようにトレリスやフェンスに這わせたり、グラウンドカバーとして利用できます。吊り鉢から長く伸びるツルを垂らすと緑色の葉と紫色の花のコントラストで見映えがします。淡い青色の花も可憐な美しさがありますが、通年で鑑賞できる白色の斑が入る品種も、観葉植物として栽培してもよいですね。

ツルニチニチソウはつる性の植物

茎が地面を這うように広がる

  • 分類:キョウチクトウ科ツルニチニチソウ属 / 原産地:東ヨーロッパ、北アフリカ、トルコ
  • 別名:ツルビンカ
  • 学名:Vinca major
  • 英名:Greater periwinkle
  • 園芸分類:常緑多年草(亜低木) / 耐寒性(強い)、耐暑性(強い)
  • 草丈・樹高:50~200cm
  • 苗の植え付け:3月~5月、9月中旬~10月(真夏、真冬を除けば可能)
  • 植え替え:3月~5月、9月中旬~10月
  • 株分け:3月~5月、9月中旬~10月
  • 挿し木適期:5月~6月
  • 開花期:4月~7月
  • 栽培方法:地植え、コンテナ(植木鉢、プランター) ※記載している各適期は温暖地(中間地)での目安です。(寒冷地、暖地では、環境に合わせた栽培を確認してください)

クリは落葉高木

  • 特徴
  • ツルニチニチソウの仲間は、東ヨーロッパから北アフリカ、トルコにかけて分布しています。常緑性で地面を這うように広がるので、グラウンドカバーにも利用されています。観賞用として、広く栽培されるのは常緑性多年草のツルニチニチソウ(Vinca major)と、少し小ぶりのヒメツルニチニチソウ(Vinca minor)です。栽培が簡単なことから、人気があり世界中で栽培されています。国内でも野生化して広がり、帰化植物となり広い範囲で自生しています。
  • 近縁種
  • ツルニチニチソウ(Vinca major)→3~5月に新芽を出して、つるを50cm程伸ばして花を付けます。花を付ける茎だけが直立して、3cm程の筒状花を咲かせます。
  • ヒメツルニチニチソウ(Vinca minor)→Vinca major と比べると少し小ぶりで、開花時期は4~7月で、長い間鑑賞することができます。八重咲きや葉に白色の斑が入る品種もあります。

ツルニチニチソウはヨーロッパ原産

吊り鉢で長く茎を垂らすと見映えする

  • 適応(ハーブ、漢方としての適用) / 料理・飲み物で楽しむ
  • なし
  • 用土  水はけと通気性のよい土壌を好みます
  • 用土に、市販の草花用培養土を使う場合、あらかじめ元肥が混ぜ込んである場合があるので元肥は控えめにします。
  • コンテナの場合、市販の草花用の培養土または赤玉土(小粒)6:腐葉土4:の割合で混ぜ込んだ土を使います。
  • 地植えの場合、掘り上げた土に対して完熟堆肥か腐葉土1~2割を混ぜ込んでおきます。(水はけが悪い土壌なら川砂などを1~2割加える)
  • 肥料 多くの肥料は必要ありません
  • コンテナの場合、植え付けの際に用土の中に元肥として緩効性化成肥料を混ぜ込んでおきます。定植後の施肥は、花後の7月頃に少量の緩効性化成肥料を置肥します。
  • 地植えの場合、植え付ける前に元肥として緩効性化成肥料を混ぜ込んでおきます。定植後の施肥は、必要ありません。
  • 置肥をする際には、株元は避け枝先の端下の地表部に撒きます。

葉も美しいので通年で鑑賞できる

  • 植え付け
  • 苗の植え付け適期は、春が3~5月、秋が9月中旬~10月です。
  • 「用土」と「肥料」の項目で準備しておいた土壌に、植え付けていきます。
  • コンテナの場合、鉢底に鉢底石を敷き、定植したら、用土と元肥を混ぜ込んで用意しておいた先程の土を植え穴に戻します。植え付け直後にタップリと水を施します。
  • 地植えの場合、苗の株元がしっかり地表下に埋まるように定植したら、用土と元肥を混ぜ込んで用意しておいた先程の土を植え穴に戻します。植え付け直後にタップリと水を施します。(株間は30cmが目安)
  • 植え替え
  • 適期は、春が3~5月、秋が9月中旬~10月です。
  • コンテナの場合、根詰まりを防ぎ通気をよくするために鉢から根が伸び出てきたら、植え替えましょう。株を分けて、新しい用土と元肥を入れた一回り大きな鉢に植え替えます。
  • 地植えの場合、基本は必要ありません。株が増えすぎた場合には、株分けを兼ねて植え替えましょう。

ツルニチニチソウは常緑性です

  • 増やし方
  • 株分けで増やす→適期は、春が3~5月、秋が9月中旬~10月です。1~2年に1回、1サイズ大きな鉢に植え替えます。植え替えと同時に作業します。
  • 挿し木で増やす→適期は、5月~6月です。新芽の先端が堅くなった部分を切り取って挿します。(サイト内詳細ページ
  • 水やり
  • コンテナの場合、土の表面が乾いたらタップリと水を施します。
  • 真夏は夕方に、鉢中と鉢の外側全体にタップリと水をかけて夜間温度を下げるようにします。通常の季節は朝方に施しましょう。
  • 地植えの場合、基本的には必要ありません。

ツルニチニチソウは別名がビンカです

  • 手入れ
  • 切り戻し→つる茎がよく伸びるので、伸び過ぎたら切り取ります。
  • 病気・害虫→特になし
  • 日当たり
  • 日当たりのよい場所を好みます。
  • 半日陰でも育つが、花つきが悪くなったり茎が発育不良で細くなったり間伸びすることがあります。

クリは落葉高木