トレニア 季節の花-夏から秋まで花を咲かせ続ける|イパネマおやじ

夏になると花を咲かせて、花姿がスミレに似ていることから、和名はナツスミレと呼ばれています。春先になると、苗が園芸店の店頭でみかける、お馴染みの花ですね。夏から秋の長い間を、次々と花を咲かせ続けて楽しませてくれます。一年草タイプと多年草の2種類に大別されます。春から夏に、野外や花壇で多くの花を咲かせているのはスミレによく似た一年草タイプで、多年草タイプは多くを咲かせる訳ではないが、鉢植え等で室内栽培されています。

トレニアは東南アジアや南アフリカ原産

トレリアは夏から秋まで咲き続ける

  • 分類:ゴマノハグサ(アゼナ)科ツルウリクサ(トレニア)属 / 原産地:インドシナ半島、南アフリカ
  • 別名:はなうりぐさ(花瓜草)、なつすみれ(夏菫)
  • 学名:Torenia fournieri
  • 英名:Bluewings
  • 園芸分類:一年生草本&多年草 / 
  • 草丈:20~30cm
  • 開花期:6~10月 
  • 栽培方法:地植え、鉢植え

画像の段落ライン20

  • 特徴
  • 花つきのよさと育てやすさ、耐暑性があることから、夏の草花として花壇、鉢植え、寄せ植えなどで広く栽培されています。東南アジア、南アフリカを中心に約40種類が分布する一年草又は多年草です。トレリアとして一般的に流通しているのは、当ページに掲載したインドシナ原産のトレニア・フルニエリ種(Torenia fournieri)とその園芸品種です。トレニアといえば、この花を指していることが多いです。ハナウリクサ、ムラサキミゾホウズキの別名があり、代表的な品種には”クラウン”、”パンダ”があります。
  • 流通量は少ないが、多年草品種のコンカラーや、フラバも宿根トレリアとして普及しています。宿根トレリアは、インドシナ半島、中国、台湾に分布しています。
  • 近縁種
  • トレニア・コンカラー(Torenia concolor)→多年草で地面を匍匐して広がっていきます。寒さに弱く冬越しはできないが、鉢にして室内に置けば可能。
  • トレニア・ムーンシリーズ(Torenia hybrida Moon Series)→一年草のトレニアとコンカラーの雑種。
  • トレニア・バイロニー(Torenia bailloni)→半匍匐性で、草丈20~30cmになる。濃い黄色のベースに花弁の中心が暗紅紫色になる。

トレニアは一年草

  • 適応・(ハーブ、漢方としての適用) / 料理・飲み物で楽しむ
  • なし
  • 用土
  • 水はけのよい土壌を好みます。
  • 鉢植えの場合、赤玉土(小粒)7:腐葉土3:の割合で混ぜ込んだ土に苦土石灰も混ぜ込んでおきましょう。
  • 地植えの場合、定植する場所の土をよく耕して腐葉土を混ぜ込んでおきます。水はけが悪い場所は、完熟堆肥も一緒に混ぜ込みます。

暑さに強く育てやすい草花

  • 肥料
  • 鉢植えの場合、植え付けの時に用土の中に緩効性の化成肥料を混ぜ込んでおきます。
  • 開花中は、鉢植え、地植え共に追肥として2週間に1回の目安で液体肥料を施します。

トレニアは草丈20~50cmです

  • 植えつけ
  • 適期は、4月~6月です。
  • 株間は20~25cm程空けて植えつけます。
  • 植え替え
  • 一年草は冬になると枯れるので、植え替えの必要はありません。
  • 多年草の品種は、鉢植えにしていますので室内で越冬させたら、春になって4月頃に植え替えます。
  • 増やし方
  • タネまきで増やす→適期は、4月中旬~5月中旬です。発芽適温は、20~25℃と高めなのでしっかり暖かくなったのを確かめてから蒔きましょう。タネが細かいので、重ならないよう葉書などを折ったトレイにのせて、軽くポンポンと振り落とすようにすると重なりにくいですよ。
  • 好光性なので、蒔いたタネは土で覆いません。タネが飛ばされないようタップリと水やりをして、乾燥しないように管理します。発芽まで2~3週間くらい時間がかかるのでジックリ待ちましょう。本葉が8~10枚になった頃、鉢や庭に定植しましょう。一旦、ビニールポットに蒔いて本葉が2~3枚になったらポット上げして、本葉が8枚位に育ってから定植してもよい。
  • 挿し芽で増やす→適期は、5~7月です。茎の2~3節10cm程の長さに切り取って挿し穂にします。下葉を取り除き、水上げします。用土に挿したら、明るい日陰で水を切らさないように管理して、発根を待ちましょう。

トレリアはゴマノハグサ科です

トレリアは暑さに強いが水切れに弱い

  • 水やり
  • 鉢植えの場合、土の表面が乾いたタップリと水を施します。過湿を避けるために、毎日習慣として水を施すのは避けましょう。
  • 暑さには強い植物ですが、水切れすると極端に生育が弱まるので注意が必要です。
  • 手入れ
  • 摘心(ピンチ)→草丈10cm位に育った時期に、摘心すると花数が増えます。
  • 花がら摘み→花後の枯れた花や茎の上部を切り取ると、病気にかかりにくくなり花つきもよくなります。
  • 病気→灰色かび病
  • 害虫→アブラムシ 風通しが悪いと発生しやすくなります。

※ ハーブの栽培手入れ→トップページ「ハーブ植物の栽培上手」をクリックしてください。

  • 日当たり
  • 日当たりと風通しののよい場所を好みます。
  • 西日や真夏日の直射に当たるのを避けましょう。鉢を移動してやりましょう。

秋の花壇の風景:

秋の里山ガーデンの風景

画像の段落ライン20