バリエガータ ディ ボローニャ Variegata di Bologna は、絞り咲き品種として、その存在が目だっている有名な品種です。樹勢が強く、丈夫な枝を旺盛に伸長させます。

バリエガータディボローニャはブルボン系統

自立もするがつるバラとして誘引してもよい

スポンサードリンク
  • 数輪の房咲きになり、花つきがとてもよい。
  • 半自立性で、枝の伸長は350cmにも及ぶ。
  • 枝は太くて丈夫なので、強めの剪定で自立させてもよい。
  • つるバラとして、フェンスやトレリスに誘引してもよい。
  • 春の花後に伸びだした枝は、春先の元の樹形に戻すようなつもりでドーム型に切り揃える。
  • 耐病性は、うどんこ病には低温期にやや弱い。黒星病には普通。1週間~10日に1回以上の定期的な薬剤散布は欠かせません。

※ バラの手入れや病害虫の防除⇒トップページ「バラの園芸・作業」をクリックしてください。

バリエガータディボローニャは強香がある

バリエガータディボローニャは一季咲き

バリエガータディボローニャは中輪サイズ

バリエガータディボローニャは樹高が350cm

バリエガータディボローニャは絞りが入る

お椀形の可愛らしい花姿

  • 作出国:イタリア
  • 作出年:1909年
  • 作出者:Massimiliano Lodi (1909年に、Gaetano Bonfiglioli e figlio が発表)
  • 系統:[B] ブルボン
  • 交配:不明
  • 咲き方:一季咲き
  • 花形:カップ咲き
  • 花径:中輪(7cm・花弁数41枚+)
  • 香り:強香(ダマスク香)
  • 樹形:半つる性
  • 樹高:350cm
  • 撮影:花菜ガーデン 2018年5月

春の一季咲きの満開時は株全体を覆うほど

バラ園の風景:花菜ガーデン

花菜ガーデンの風景 広い芝生

園芸メモ:隔年結果(かくねんけっか)⇒なり年と不なり年が、1年ごとに交互に繰り返されること。果樹の習性で、枝の一部で果樹を作りながら、同じ枝に翌年の花芽も作っているため、果実をつけ過ぎると翌年つくられる花芽の数が貧弱になる。

スポンサードリンク