アマディス バラ苗-紫色がかったピンク色に白色が入るオールド・ローズ|イパネマおやじ

アマディス (Amadis)は、1826年に作出されたオールド・ローズ品種群の一つ、ブールソール系統のバラです。枝が赤褐色を帯びて、トゲがほとんどない系統です。

アマディスはブールソール系統です

株元から枝が横張りに広がる樹形

  • 早咲きで、春先から枝の全体に花をつける。
  • とても強健で、手間いらずで育てやすい品種。
  • 数輪の房咲きになり、花つき花もちがよい。
  • 交配親の、庚申バラより華やかさがある品種です。
  • 耐病性は、うどんこ病、黒星病ともにとても強い。薬剤散布は、まず必要ないが月間1回程度の薬剤散布をしておくことで、より順調な生長が促進されます。

段落の仕切りライン

※ バラの手入れや病害虫の防除⇒トップページ「バラの園芸・作業」をクリックしてください。

アマディスはオールド・ローズです

アマディスは丸弁咲きです

アマディスは一季咲きです

ベッド仕立てに向いている数少ない品種

  • 作出国:フランス
  • 作出年:1826年
  • 作出者:Jean Laffay
  • 系統:[Bslt] ブールソール
  • 交配:Rosa chinese Jacq. × Rosa pendulina L.
  • 咲き方:一季咲き
  • 花形:丸弁咲き
  • 花径:中輪(6cm・花弁数18~30枚)
  • 香り:微香
  • 樹形:つる性(横張りタイプ)
  • 樹高:350cm
  • 撮影:花菜ガーデン 2018年5月

細目の枝にはほとんどトゲがない

バラ園の風景:春の横浜イングリッシュガーデン

春の横浜イングリッシュガーデン

園芸メモ:ブールソール系統⇒19世紀初頭に作られた、ロサ・ペンドゥリーナ ( Rosa pendulina )とロサ・キネンシス( Rosa chinensis )の雑種に由来するシュラブです。他にも、異なる交雑種が推察されている。枝が赤褐色を帯びて、トゲがほとんど無い系統です。

段落の仕切りライン