グレイス Grace は、デビッド・オースチンが作出したイングリッシュローズです。花名のGraceが、優美、品位という意味なのが納得できる、花姿を持っているバラですね。花弁の中心は濃いオレンジ色で、外側に向かうほど薄いアプリコット色が混ざり合う、可愛らしい花です。

グレイスはシュラブ系統のバラです

夏季になるとロゼット咲きの花弁が細かくなりキクのように

スポンサードリンク
  • 数輪の房咲きになり、花つきは普通です。
  • 開花しても花形がくずれにくく、長く鑑賞できるバラ。
  • 花色はアプリコットイエローというかオレンジ色との混じった微妙な色合い。
  • イングリッシュローズの品種の中でも、最も四季咲き性のあるバラで秋になっても繰り返し咲きます。
  • 耐病性は、うどんこ病には普通。黒星病には少し弱い。黒星病の予防のために10日に1回以上薬剤散布を行いましょう。

※ バラの手入れや病害虫の対策⇒詳細はトップページの「バラの園芸・作業」をクリックしてください。

夏になるとロゼット咲きの花弁が更に細かくなる

ツボミが開くとシャーローカップ咲きで徐々にドーム型のロゼット咲きへ

花弁の外側が反り返って咲きます

枝は細くて繊細で開花すると花弁の重みでしだれるようになりますね

枝は細くて繊細で花は重さで枝垂れ気味に咲く

葉は明るい緑色で小さいですね。ホンノリと紅茶の香りが漂います

甘さのあるティー・ローズ香があります

夏の剪定は全体の3分の1程度を切りとって樹形を整える

  • 品種名:グレイス Grace
  • 作出国:イギリス
  • 作出年:2001年にDavid Austin が作出
  • 作出者:2005年にDavid Austin Roses Limited(USA)が発表
  • 系統:[S] シュラブ (イングリッシュローズ)
  • 交配親:AUSleep × 実生
  • 咲き方:四季咲き
  • 花形:ロゼット咲き
  • 花径:中輪(8cm・花弁数41枚+)
  • 香り:強香(ティー・ローズ香)
  • 樹形:横張り性
  • 樹高:120cm
  • 撮影:花菜ガーデン 2017年5月

甘さの中にも深みがあるティー・ローズ香

バラ園の風景:春の花菜ガーデンにて

春の花菜ガーデンの風景

  • 園芸メモ・バラの栽培用語:スリット鉢(すりっとばち)⇒
  • 鉢の表面に縦長の切れ込みが入っているもの。植物が生長すると、鉢の中で根がグルグル巻くように伸びて、根詰まりを起こすことが多いが、この鉢だと切れ込みの作用で根が巻かずに下へ伸びていく。
スポンサードリンク