ノヴァーリス Novalis は、アンティーク・ローズの雰囲気がある魅力的な品種です。弁先が尖っていて反り返っている個性的な花弁で、花弁数は多いが、完全に開きます。

ノヴァーリスは見事に花弁数の多いバラです

弁先が反り返り花弁数の多いバラ

  • 3~5輪の房咲きになり、花つきがよい。
  • 枝が堅く、丈夫でまとまりのある株に生長する。
  • 成株になると、シュートの更新をしなくなるので古株を大切にしたい。
  • 特に耐寒性・耐病性に優れている。
  • 耐病性は、うどんこ病には普通。黒星病には非常に強い。うどんこ病の薬剤散布は月に3~4回は必要。黒星病の薬剤散布は月間1回以上の薬剤散布をすることで、より安定した生育が期待できる。

※ バラの手入れや病害虫防除⇒詳細はトップページの「バラの園芸・作業」をチェックしてください。

ノヴァーリスは古株になると200cmを越える株もある

樹高の平均は150cm位だが、この古株のように200cmを越えるものもあります

ノヴァーリスのツボミは赤紫色ですね

葉や茎は明るい緑色でトゲはほとんど目立ちませんね

ノヴァーリスは房咲きになり枝にはトゲは少ない

ブライトヴァイオレットの多花性で花つきがよい品種

  • 作出国:ドイツ
  • 作出年:2004年に、Tim Hermann Kordes が作出
  • 作出者:2010年に、W. Kordes ‘Söhne (Retail) が発表
  • 系統:[F] フロリバンダ
  • 交配親:(実生 × Bulue Bajou)×(  Coppelia 76 ×  Big Purple)
  • 咲き方:四季咲き
  • 花形:カップ咲き
  • 花径:中大輪(9cm・花弁数70~75枚)
  • 香り:中香(ティー香)
  • 樹形:半直立性
  • 樹高:140cm
  • 撮影:京成バラ園 2016年5月

ブルー系品種の中で最強のバラと評価されている

バラ園の風景:初夏の生田緑地ばら苑

生田緑地ばら苑の風景

  • 園芸メモ・バラの栽培用語:グラウンドカバー
  • 地面を覆う植物のこと。
  • 土の流失や雨による泥跳ねを防ぎ、土壌の乾燥や雑草の繁殖を抑える。
  • 美しい景観を得られるために、園芸や造園の手法として広く用いられる。
  • 用いられる植物は地面を這うように生長する、這い性・匍匐性(ほふくせい)の植物が利用される。
スポンサードリンク