ニコロパガニーニ Niccolo Paganini は、葉も元気に茂り、満開時の花つきは見事の一言です!株全体を覆う程の花つきのよさで、一日中でも鑑賞していたくなるバラです。四季咲き性も強く、シーズンを通して開花します。

ニコロパガニーニはフロリバンダ系統

鮮赤紅色でしっかり整った剣弁高芯咲きのバラ

スポンサードリンク
  • 花名は、19世紀の名バイオリニストに因んでつけられました。
  • 鮮やかな赤色が印象的です。
  • 樹勢がすごく強くて、次々と分枝して活発にシュートが発生します。
  • ニコロ・パガニーニは房咲きになり、花つき花もちがよいバラ。
  • 樹勢が強く、丈夫なバラです。晩秋まで楽しめる品種です。
  • 耐病性は、うどんこ病、黒星病ともに普通。月間3~4回の定期的な薬剤散布は必要です。

※ バラの手入れ方法⇒詳細はトップページの「バラの園芸・作業」をクリックしてください。

ニコロパガニーニの葉は明緑色で表面は滑らか

葉色の明るさが目立ちます。真紅の花とのコントラストが美しいですね!

ニコロパガニーニは四季咲き性です

フロリバンダ系統では珍しいハッキリした剣弁咲きです

ニコロパガニーニは樹勢が強く次々とシュートを発生します

樹勢が強く横張り性の樹形はグングンと育ちます

ニコロパガニーニは真紅色のバラ

ニコロパガニーニは剣弁高芯咲き

樹形は半横張り性です

シュートの発生が活発で丈夫なバラ

  • 作出国:フランス
  • 作出年:1990年
  • 作出者:Alain Meilland 
  • 系統:[F] フロリバンダ
  • 交配親:MEIjulita × (MEIdanu × Uncle Walter)
  • 咲き方:四季咲き
  • 花形:剣弁高芯咲き
  • 花径:中輪(7cm・花弁数17~25枚)
  • 香り:微香
  • 樹形:半横張り性
  • 樹高:120cm
  • 撮影:京成バラ園 2016年5月

数輪の房咲きになり分枝も多く花つきがよい

バラ園の風景:初夏の神代植物公園

バラ園の風景

バラの栽培用語:花芽分化(かがぶんか)⇒今まで葉を形成していた成長点が、気温や日照条件、そして植物の生長をキッカケに、花芽(はなめ・かが)を作り始めること。

スポンサードリンク