ブラン ピエール ドゥ ロンサール-Blanc Pierre de Ronsard は、栄誉の殿堂入りをした名花ピエール・ドゥ・ロンサールの白花の枝変わり品種です。白色に近いつるバラで、性質や特徴はピエール ドゥ ロンサールに近いです。

ブラン・ピエール・ドゥ・ロンサールは大輪咲きのつるバラです

中心が淡い桃色で、満開時になると白色に変化する

スポンサードリンク
  • 1輪から数輪の房咲きで、ややうつむいて咲きます。
  • ロゼット咲きの大輪花で、ソフトな花色でボリュームがあるバラ。
  • 花枝は短く、花つきと花もちがよいバラ。
  • 春の開花時期は、株全体を覆うように多くの花を咲かせます。
  • 株は樹勢があり、伸長力がある。
  • ベーサル・シュートは植えつけ数年後は、ほとんど発生しない。大きく育ち元気よくつるを伸ばすので、壁を登らせたりフェンスやアーチに適したバラです。
  • 高冷地や温暖な地域でも涼しい環境では、花弁数が減るが、夏には返り咲きしやすい。
  • バラの世界殿堂入りした人気品種「ピエール・ドゥ・ロンサール」の枝変わり品種です。
  • 耐病性は、うどんこ病には強い。黒星病には普通。もし発生しても、丈夫なので葉を落としても枯れ込むことは少ない。月間3~4回の薬剤散布をすればより順調な生育をする。

※ バラの手入れや病害虫の防除⇒トップページ「バラの園芸・作業」をクリックしてください。

ブラン・ピエール・ドゥ・ロンサールは白色の大輪花を咲かせます

ブラン・ピエール・ドゥ・ロンサールは樹勢が強く枝が3mに伸長する

ブラン・ピエール・ドゥ・ロンサールはつるバラです

ダマスク系の芳香を放ち満開時の豪華な花姿は見事

  • 作出国:フランス
  • 作出年:1999年に、Alain Meilland が発見
  • 作出者:2004年に、Star Roses が発表
  • 系統:[LCl] 大輪咲きクライミング・ローズ
  • 交配親:Eden (ピエール ドゥ ロンサール)の枝変わり
  • 咲き方:返り咲き
  • 花形:クォーターカップ咲き
  • 花径:大輪(10cm・花弁数41枚+)
  • 香り:微香
  • 樹形:つる性
  • 伸長:300cm
  • 撮影:生田緑地ばら苑 2014年10月

名花ピエール・ドゥ・ロンサールの枝変わり

バラ園の風景:春の神代植物公園・バラ園

春の神代植物公園バラ園の風景

園芸メモ・栽培用語:育苗(いくびょう)⇒種子をまいた後、発芽してからある程度まで管理しながら育てること。

スポンサードリンク