チャイコフスキー- Tchaikovski は、花弁数が多く40枚前後になり、咲き終わると一気に散ります。

チャイコフスキーは四季咲き性です

オフホワイト色で弁芯がうすいクリーム色

スポンサードリンク
  • 房咲きになり、花つきがよいバラ。
  • 完全な四季咲き性で、秋まで咲き続けるバラ。
  • 秋の開花までに時間がかかるので、夏剪定は早めに行います。
  • 夏の剪定→秋まで長く咲かせ続けるために、春の花後(8月中旬頃)に剪定をしましょう。古い枝や病気の枝、徒長枝などを切り取ります。
  • 暖かい地域では、約1/3(二番花の花枝を切る)の位置で全ての枝を切り取ります。寒い地域では、更に短く切り込みます。
  • 樹形は半横張り性に伸びて、枝は細めでしなやかなバラ。
  • 耐病性は、うどんこ病、黒星病ともに普通。月間3回以上の薬剤散布はしておきましょう。より順調な生育が期待できます。

※ バラの手入れや病害虫の防除⇒トップページ「バラの園芸・作業」をクリックしてください。

病害虫の発生は、初期の段階で対処するほど効果的です。散布を行う場合、必ずマスク、ゴーグルを着用してから風向きを確認してから散布しましょう。

チャイコフスキーはグランディフローラ系

チャイコフスキーの花色は白地に淡いクリーム色のグラデーション

チャイコフスキーは半横張り性の樹形

チャイコフスキーは半剣弁ロゼット咲きです

チャイコフスキーは大輪四季咲き品種です

チャイコフスキーは花径が12cmの大輪花

チャイコフスキーは数輪の房咲きになる

チャイコフスキーの葉は明るいグリーンで半光沢

  • 作出国:フランス
  • 作出年:2000年
  • 作出者:Meilland International
  • 系統:[Gr] グランディフローラ
  • 交配親:(Anthony Meilland × Landora) × Centenaire de Lourdes
  • 咲き方:四季咲き
  • 花形:半剣弁ロゼット咲き
  • 花径:大輪(12cm・花弁数41枚+)
  • 香り:中香
  • 樹形:半横張り性
  • 樹高:170cm
  • 撮影:神代植物公園 2015年5月

柔らかい花色と花形が魅力的なバラ

バラ園の風景:横浜イングリッシュガーデンの春

横浜にあるバラ園の風景

園芸メモ・栽培用語:移植(いしょく)⇒植物を植え替えることだが、一般的には苗を育てている期間中に行うのを、植え替えと呼ぶことが多い。

スポンサードリンク