セプタード アイル- Scepter’d Isle は、カップ咲きの花を数え切れないほどたくさんつけ、雄しべをのぞかせる表情が可愛いバラです。

セプタード アイルはシュラブ系統です

ソフトピンクから外側へうすいピンク色になるバラ

スポンサードリンク
  • 枝は真っ直ぐに伸びて、花が葉の真上の位置で支えられるようにして咲く。
  • 樹勢が強く枝が伸び続けるので、温暖な地域では夏季の剪定が必要なバラ。
  • 枝はよく伸びるが、しなやかで形を整えやすく鉢栽培にも適しているバラ。
  • 夏場の剪定は、コンパクトでよく茂った株をつくり、返り咲きを促進させる効果がある。
  • 耐病性は、うどんこ病、黒星病ともに普通。月間3~4回の薬剤散布で順調な生育を維持しましょう。

※ バラの手入れや病害虫の防除⇒トップページ「バラの園芸・作業」をクリックしてください。

  • 苗の種類と選定→風通しが悪いと強健な品種でも、うどんこ病が発生しやすくなります。生育不足にもなり節間が長くなってしまいます。
  • ベストな選択は、このような場所には植えないことですが、もし定植している状態ならば、不要な小枝を切るなど株の整理をこまめに行いましょう。
  • 反対に風の強い場所では、枝が折れたり自らのトゲで枝や葉を傷つけることもあるので、防風ネットや生垣を備えるなどの防風対策が必要です。

セプタード アイルはカップ咲きです

セプタード アイルは四季咲きです

セプタード アイルはイングリッシュローズです

優れた香りで王立バラ協会のヘンリー・エドランド賞を受賞

  • 作出国:イギリス
  • 作出年:1989年に、David Austin が作出
  • 作出者:1997年に、David Austin Roses Limited が発表
  • 系統:[S] シュラブ(イングリッシュローズ)
  • 交配親:Wife of Bath × Heritage
  • 咲き方:四季咲き
  • 花形:カップ咲き
  • 花径:大輪(9cm・花弁数17~45枚)
  • 香り:強香
  • 樹形:シュラブ(開帳タイプ)
  • 樹高:120cm
  • 撮影:京成バラ園 2014年5月

カップ咲きの花を数え切れないほど咲かせる

バラ園の風景:春の横浜イングリッシュガーデン

横浜イングリッシュガーデンの風景

園芸メモ・栽培用語:穴肥(あなごえ)⇒追肥を施す方法の一つで、庭の畦に鉄棒などで深さ15cm程の穴を掘り、肥料を挿入する。果菜類によく用いる方法。

スポンサードリンク