コンテ ドゥ シャンパーニュ Comtes de Champagne は、デビッド・オースチンが作出したイングリッシュローズです。半八重の花弁は、他のイングリッシュローズと比べるとシンプルな花形で、花枝は細めだがうながれることなく上向きに咲きます。

コンテ・ドゥ・シャンパーニュはイングリッシュローズ

リッチイエローからベールイエローへと変わるバラ

  • 開花ともに完璧なオープンカップ咲きの花の中心に深い黄色のシベが見えてきます。
  • 樹勢があり強健な品種です。
  • 春の開花後も返り咲き、気ままに花をつける。
  • 繰り返し咲く品種は、それだけ肥料も喰います。庭植えの場合は、植えつけ時には元肥、1~2月は寒肥、一番花の開花前の3月、一番花が開花した後の6月そして、秋花前の9月に追肥をしましょう。鉢植えの場合は、元肥と寒肥は必要ありません。
  • 耐病性は、うどんこ病、黒星病ともに普通。月間3~4回の定期的な薬剤散布は必要です

※ バラの手入れや病害虫の防除⇒トップページ「園芸・作業」をクリックしてください。

コンテ・ドゥ・シャンパーニュは半つる性です

コンテ・ドゥ・シャンパーニュの花径は7cmの中輪サイズです

夏まで気ままに繰り返し咲く

  • 作出国:イギリス
  • 作出年:2001年
  • 作出者:David Austin
  • 系統:[S] シュラブ(イングリッシュローズ)
  • 交配親:
  • 咲き方:繰り返し咲き
  • 花形:半八重カップ咲き
  • 花径:中輪(7cm・花弁数12~16枚)
  • 香り:微香(ムスク香)
  • 樹形:半つる性
  • 樹高:160cm
  • 撮影:生田緑地ばら苑 2014年10月

芳しい蜂蜜とムスク系の香りがする

バラ園の風景:神代植物公園・バラ園

春の神代植物園の風景

園芸メモ・栽培用語:根出葉(こんしゅつよう)⇒根の際かわ出ている葉のこと。(同義=混出葉)

スポンサードリンク