コテージ ローズ Cottage Rose は、優しいピンクの花色が可憐なバラです。樹形は直立状なので、花壇などへの植え付けでも場所をとりません。もちろん鉢植えにして、ベランダガーデニングにも適していますね。私は、5年前にベランダで育てていましたが文中に書いたように肥料とマルチングを怠り2年で枯らしてしまい、その反省もこめてご案内しました。

コテージ・ローズはシュラブ系統

オールドローズの趣をもつバラ

スポンサードリンク
  • 数輪の房咲きになり、細い枝にもツボミをつけ花つきがよいバラ。
  • 満開になると弁端が少し反り返るバラ。
  • 樹形は直立状で、真っすぐに伸びるが花の重みで枝垂れる。
  • 夏場に枝が伸びすぎて樹形を崩すのが欠点。
  • 耐病性は、うどんこ病、黒星病ともに普通。1週間~10日に1回以上の定期的な薬剤散布は欠かせません。

※ バラの手入れや病害虫の防除→トップページ「園芸・作業」をクリックしてください。

コテージ・ローズはイングリッシュローズです

コテージ・ローズは中輪サイズの花径

コテージ・ローズは四季咲き性

コテージ・ローズの樹形は横張り性

ウォームピンク色でシャローカップ咲き

  • 作出国:イギリス
  • 作出年:1991年
  • 作出者:David Austin
  • 系統:[S] シュラブ(イングリッシュローズ)
  • 交配親:Wife of Bath × Mary Rose
  • 咲き方:繰り返し咲き
  • 花形:シャローカップ咲き
  • 花径:中輪(7cm・花弁数70~95枚)
  • 香り:中香(アーモンドとライラックの香)
  • 樹形:ブッシュ樹形(横張りタイプ)
  • 樹高:150cm
  • 撮影:京成バラ園 2016年5月

返り咲きするので春の花後に肥料をタップリと施す

バラ園の風景:春の旧古河庭園

春の旧古河庭園の風景

園芸メモ・バラ栽培用語:カルス⇒植物の切り口に細胞分裂によりできるコブ状の塊。

スポンサードリンク