昼間は、歩き回ると汗が吹き出るほどの暑さだが、早朝はしまいこんだコタツを再度引っ張り出したくなるほどの寒さになったりと寒暖の差が激しいですね。厚手のセーターも、タンスから出たり入ったりで大忙しの今日この頃です。そんな晴れた日の午後から、来月の初旬には開花するであろう春バラの様子をみに、神代植物公園と代々木公園へ行ってみました。

サクラとバラの新芽が元気です

今年の開花は例年より早そう

スポンサードリンク

代々木公園のバラ園

上の画像・神代植物公園のバラ園、下の画像・代々木公園のバラ園ゲート

原種のロサキネンシスミニマです

数多くの株がある中で唯一花が咲いていた、原種の「ロサ キネンシス ミニマ」です(複数の場所でもこの品種だけ咲いていました)

ラ フランスの新芽が出ていた

ラ フランスの丈高の株も新芽と若葉が育っていた(以後の画像は品種説明は省略します)

バラの新芽が吹き出している

オールドローズのトゲは鋭いですね

若葉が照り葉です

つるバラも葉がついていた

神代植物公園・バラ園の噴水

この神代植物公園の画像は、先週4日に撮影したものです。現在は葉桜になっています。

春のつるバラは元気です

つるバラも元気一杯です

見事に手入れされたバラ園

それにしても見事に手入れされたバラ園です

バラ園の入口

バラ園の入口、開花を待つばかりです

スポンサードリンク