ローズ ドゥ モンプレジール-Rose de Monplaisir は、日照不足や半日陰などの、厳しい環境に耐えて丈夫に育つ品種。

ランブラー系統のバラです

樹勢が強くグングン伸長して4mにも及ぶ

スポンサードリンク
  • 15~20輪の房咲きになり、乱れ咲くほどの多花性です。
  • 耐寒・耐暑性に優れていて、環境に順応して丈夫なバラ。
  • 耐病性は、うどんこ病、黒星病ともに強い。

※ バラの手入れや病害虫の防除→詳細はトップページの「バラの園芸・作業」をクリックしてください。

小輪サイズの花弁

花芯のしべが長くて美しい

返り咲き品種です

葉は明緑色の長卵型で葉脈が太い

  • 作出国:フランス
  • 作出年:2007年
  • 作出者:Fabien Ducher
  • 系統:[R] ランブラー
  • 交配:Ghislaine de Féligonde × Veilchenblau
  • 咲き方:返り咲き
  • 花形:ポンポン咲き
  • 花径:小輪(5cm・花弁数26~40枚)
  • 香り:中香(ムスク香)
  • 樹形:つる性
  • 樹高:350cm
  • 撮影:横浜イングリッシュガーデン 2017年5月

サイド・シュートの発生が多くでクネクネとした枝になる

バラ園の風景:横浜にあるバラ園にて

横浜イングリッシュガーデンの風景

園芸メモ・バラの栽培用語:修景用バラ⇒耐病性が優れ、丈夫で栽培しやすく、多花性で造園用などに利用される品種群。

スポンサードリンク