コケット デ ブランシェ-Coquette des Blanches は、オールドローズの中のブルボン系統の品種です。つる性としての性質が強く出る品種でもありますが、返り咲きの性質なので冬に軽めに剪定して木立ち性として育ててもよい。

ブルボン系統の白バラ

とても強健で丈夫なので育てやすいオールドローズ

スポンサードリンク
  • 基本は1輪咲きになり、花つきは中程度で真っ直ぐに伸びる。
  • 植えつけた初期は、花弁が開きにくく包み込んだままになることがある。
  • 2月上旬の冬剪定の頃、枝が200cm以上伸びている場合には、樹高の1/2に切り詰める。
  • 耐病性は、うどんこ病、黒星病ともに普通。月間3~4回の定期的な薬剤散布は必要です。病気に強い品種も、月間1回程度の薬剤散布をして予防対策をしておくことで、より順調な生長が促進されます。

※ バラの手入れや病害虫の防除→詳細はトップページの「バラの園芸・作業」をクリックしてください。

シュラブ樹形のオールドローズです

樹高は約150cm

丸弁カップ咲きの白バラ

繰り返し咲きのオールドローズ

19世紀に作出された品種です

丈夫でトゲも少なく真っ直ぐな枝になる

  • 品種名:コケット デ ブランシェ Coquette des Blanches
  • 作出国:フランス
  • 作出年:1871年
  • 作出者:Francois Lacharme
  • 系統:[B] ブルボン
  • 交配:Mademoiselle Blanche Lafitte × Sappho
  • 咲き方:繰り返し咲き
  • 花形:カップ咲き
  • 花径:中輪(8cm・花弁数17~25枚)
  • 香り:微香
  • 樹形:つる性(半直立タイプ)
  • 樹高:180cm
  • 撮影:花菜ガーデン 2017年10月

花名のブランシェは白という意味だが淡いピンク色になる

バラ園の風景:春の花菜ガーデン

春の花菜ガーデンの風景

スポンサードリンク