ニュージー ランド New Zealand は、明るいローズピンク色で柔らかくウェーブした花びらがゆっくりと大輪に開きます。最期まで綺麗に咲ききる様子が、とても優雅な雰囲気があります。

ニュージーランドはハイブリッドティー系統

大ぶりな花びらで巨大輪になる

スポンサードリンク
  • 数輪の房咲きになり、花つき花もちは中程度。
  • 樹形はあまり横に広がらない直立性でまとまりがよい。
  • 交配親のハーモニーの親ドゥフトボルケ譲りの甘いフルーツ香も魅力。
  • 耐病性は、うどんこ病、黒星病ともに普通。月間3~4回の定期的な薬剤散布は必要です。

※ バラの手入れや病害虫の防除→詳細はトップページの「バラの園芸・作業」をクリックしてください。

ニュージーランドはローズピンク色のバラ

ニュージーランドは剣弁高芯咲きです

ニュージーランドは四季咲きです

ニュージーランドは半横張り性

若い枝や葉の縁に赤みが入る

  • 品種名:ニュージーランド New Zealand
  • 作出国:ニュージーランド
  • 作出年:1985年に、Samuel Darragh McGredy Ⅳ が作出
  • 作出者:1991年に、McGredy Roses International が発表
  • 系統:[HT] ハイブリッドティー
  • 交配:Harmonie × Auckland Metro 
  • 咲き方:四季咲き
  • 花形:半剣弁高芯咲き
  • 花径:大輪(14cm・花弁数26~40枚)
  • 香り:中香(フルーツ香)
  • 樹形:半直立性
  • 樹高:130cm
  • 撮影:花菜ガーデン 2017年5月

明緑色の大きな照葉で葉数が多い

バラ園の風景:春の花菜ガーデン

花菜ガーデンの風景

  • 園芸メモ・バラの栽培用語:穂木(ほぎ)⇒
  • 接ぎ木や挿し木に利用される、増殖したい品種の枝のこと。
  • 台木に接ぎ木すると、切り接ぎ苗として増やすことができます。
スポンサードリンク