パークス イエロー ティ センティッド チャイナ-Parks’ Yellow Tea-scented China は、ロサ キネンシスとロサ ギガンテアの交雑によって誕生したともいわれています。黄色系のティーローズの親となった品種ともいわれています。

パークス・イエロー・ティー・センティッド・チャイナはティー系統

19世紀に中国からイギリスに渡ったオールドローズ

  • 数輪の房咲きになり、花つき花もちがよい。
  • ティーの香りや花枝の長さはブッシュタイプと似ています。
  • 本来、つるティーローズ系統は中輪から大輪サイズ品種が多く、小輪の品種はありあせん。
  • 枝は細いのですが、堅くなりやすいので誘引する際には、急な角度で曲げずに枝全体を導くように誘引するとよい。
  • 耐病性は、うどんこ病、黒星病ともに強い。病気に強い品種も、月間1回程度の薬剤散布をして予防対策をすることで、より安定した生長をします。

スポンサードリンク

今日のバラ タイトル

パークス・イエロー・ティー・センティッド・チャイナは四季咲き

パークス・イエロー・ティー・センティッド・チャイナは横張り性

パークス・イエロー・ティー・センティッド・チャイナは中国原産

樹勢がとても強く3m以上にも伸長する

  • 品種名:パークス イエロー ティー センティッド チャイナ Parks’ Yellow Tea-scented China
  • 作出国:中国
  • 作出年:1824年以前
  • 作出者:John Damper parks が中国で発見
  • 系統:[T] ティー・ローズ
  • 交配:
  • 咲き方:返り咲き
  • 花形:剣弁八重咲き
  • 花径:中輪(9cm・花弁数21~40枚)
  • 香り:中香(ティー香)
  • 樹形:つる性(横張りタイプ)
  • 樹高:350cm
  • 撮影:花菜ガーデン 2017年5月

※ バラの手入れや病害虫の対策⇒詳細はトップページの「バラの園芸・作業」をクリックしてください。

夏に多数の枝を伸ばすので花後に3年以上前の古枝を切り取る

バラ園の風景:春の花菜ガーデン

花菜ガーデンの風景