チョコ フィオーレ-Cioccofiore は、ミニチュア系にしては花数は多くはないが、数輪の房咲きになり花つきは普通です。

チョコ・フィオーレはミニバラです

濃い茶色の花色は褪色がないので長く鑑賞できる

  • 花つきが多くはないが、花枝が長く花もちはよい。
  • 珍しい花色は、多くの品種の中でも個性的で人気のあるバラです。
  • ミニバラは樹高も低く、小さな株なので育てやすいと思ってしまいますが、意外と難しいのが病害虫の防除が大変です。特にミニバラの天敵は、「ハダニ」と黒星病の被害をいかに防ぐかです。
  • ハダニ対策→花後は小まめに花がらを取り除き、葉裏を水洗い(水圧で付着したハダニを洗い流す)いて、殺ダニ剤を散布しましょう。もし、ハダニが枝に付いてしまったときは、付着した枝の葉をすべて摘み取り、軽く剪定して水洗いの後、殺ダニ剤を散布します。
  • 耐病性は、うどんこ病、黒星病ともに普通。1週間~10日に1回以上の定期的な薬剤散布は欠かせません。

スポンサードリンク

バラのタイトル 今月のバラ

チョコ・フィオーレは剣弁平咲き

チョコ・フィオーレは直立性の樹形

チョコ・フィオーレの樹高は約160cmです

花弁の端に欠刻が入ることがある

  • 品種名:チョコ フィオーレ Cioccofiore
  • 作出国:フランス
  • 作出年:2004年
  • 作出者:Meilland International
  • 系統:[Min] ミニチュア
  • 交配:(Cumba Meillandina, Cl. × Red Minimo) × Teddy Bear
  • 咲き方:四季咲き
  • 花形:剣弁平咲き
  • 花径:中輪(6cm・花弁数17~25枚)
  • 香り:微香
  • 樹形:直立性
  • 樹高:160cm
  • 撮影:京成バラ園 2017年10月

※ バラの手入れや病害虫の対策⇒詳細はトップページの「バラの園芸・作業」をクリックしてください。

直立性の樹形で大株に育ちやすい

バラ園の風景:横浜のバラ園

横浜イングリッシュガーデンの風景