マダム カロリーヌ  テストゥ-Mme. Caroline Testout は、19世紀にバラの世界にモダンローズが誕生した、そのキッカケになったのが「ラ・フランス」です。そのバラと比べても、決して遜色がなくむしろ、バラとしての完成度は上回っていると評価されている品種です。

マダム・カロリーヌ・テストゥはHT種

ハイブリッドティー系統が誕生した際の代表的品種

  • 1輪咲きになり、枝は真っ直ぐに伸びて株のまとまりがよい。
  • リヨンの魔術師と称された、ペルネ・デュッシェが19世紀に作出したバラ。
  • 初期のHT種らしい風情を感じさせる、細い枝にうつむき加減に開花する。
  • 耐病性は、うどんこ病、黒星病ともに普通。当品種は1週間~10日に1回以上の定期的な薬剤散布は欠かせません。
  • 例え、病気に強い品種でも、月間1回程度の薬剤散布をして予防対策をしておくことで、順調な生長が期待できます。

スポンサードリンク

バラのタイトル 今月のバラ

マダム・カロリーヌ・テストゥは半剣弁抱え咲き

マダム・カロリーヌ・テストゥは大輪咲きです

マダム・カロリーヌ・テストゥは四季咲きです

マダム・カロリーヌ・テストゥは直立性の樹形

マダム・カロリーヌ・テストゥは樹高が120cm程

弁質が優れていて雨などによる傷みが少ない

  • 品種名:マダム カロリーヌ テストゥ Mme. Caroline Testout〔和名:聖代)
  • 作出国:フランス
  • 作出年:1890年
  • 作出者:Joseph Pernet-Ducher 
  • 系統:[HT] ハイブリッドティー
  • 交配:Madame de Tartas × Lady Mary Fitzwilliam
  • 咲き方:四季咲き
  • 花形:剣弁抱え咲き
  • 花径:大輪(10cm・花弁数17~25枚)
  • 香り:中香
  • 樹形:直立性
  • 樹高:130cm
  • 撮影:花菜ガーデン 2017年10月

※ バラの手入れや病害虫の対策⇒詳細はトップページの「バラの園芸・作業」をクリックしてください。

樹勢はそれほど強くないが耐寒性に優れている

バラ園の風景:春の横浜のバラ園

横浜イングリッシュガーデンの風景