ボウ ベルズ-Bow Bells は、半つる性品種でカップ咲きになるイングリッシュローズです。

ボウ・ベルズはシュラブ系統

樹形はやや横に広がるシュラブ形です

  • 数輪の房咲きになり、花つきがよいバラです。
  • 枝はイングリッシュローズにしては太めで、自立する堅さがある。
  • 枝先はもちろんのこと、株元の地面近くにも花が付いて多くの花を咲かせます。
  • 株元からでる細い枝は、全て取り除きます。
  • つるバラとして育てる場合は、半つる性として壁面などに誘引するのがよい。
  • 耐病性は、うどんこ病、黒星病ともに普通。1週間~10日に1回以上の定期的な薬剤散布は欠かせません。

スポンサードリンク

バラのタイトル 今月のバラ

ボウ・ベルズの花形はカップ咲きです

ボウ・ベルズは繰り返し咲きです

ボウ・ベルズは樹高140cmくらい

ボウ・ベルズはデビッド・オースチン作出

丈夫で耐寒性が強いが凍結は避けましょう

  • 品種名:ボウ ベルズ Bow Bells
  • 作出国:イギリス
  • 作出年:1991年
  • 作出者:David CH Austin
  • 系統:[S] シュラブ
  • 交配:Chaucer × Conrad Ferdinand Meyer
  • 咲き方:繰り返し咲き
  • 花形:カップ咲き
  • 花径:中大輪(8cm・花弁数17~25枚)
  • 香り:中香
  • 樹形:シュラブ(普通タイプ)
  • 樹高:140cm
  • 撮影:野津田バラ園 2017年5月

※ バラの手入れや病害虫の対策⇒詳細はトップページの「バラの園芸・作業」をクリックしてください。

生育旺盛で枝は250cmにも伸びるが充実すると堅くなる

バラ園の風景:横浜のバラ園

横花イングリッシュガーデンの風景