ポール ネイロン-Paul Neyron は、半つる性の系統だが直立性で丈夫な枝は自立します。

ポール ネイロンはハイブリッドパーペチュア系統

カップ咲きでとても花弁数の多い大輪花

  • トゲのほとんどない枝は直立して1輪咲きになる。
  • つる性の樹形だが枝がとても堅くて丈夫で直立して自立する
  • 半つる性の系統には珍しく秋にも返り咲きます。
  • 枝を曲げないと先端にしか花をつけないので、誘引するか弱剪定をして花つきを促進する。
  • つるバラとしてフェンスなどに誘引してもよい。
  • 耐病性は、うどんこ病、黒星病ともに強い。病気に強い品種も、月間1回程度の薬剤散布をして予防対策をしておくことで、より順調な生長が期待できます。

スポンサードリンク

今日のバラ・タイトル

ポール ネイロンは丸弁抱え咲きの花です

ポール ネイロンは花径12cmの大輪サイズ

ポール ネイロンは返り咲き品種です

ポール ネイロンはシュラブ樹形の自立タイプ

とても強いフルーツ系の芳香がある

  • 品種名:ポール ネイロン Paul Neyron
  • 作出国:フランス
  • 作出年:1869年
  • 作出者:Antoine Levet (père) 
  • 系統:[HP] ハイブリッドパーペチュアル
  • 交配:Victor Verdier × Anna de Diesbach
  • 咲き方:繰り返し咲き
  • 花形:カップ咲き
  • 花径:大輪(12cm・花弁数55~89枚)
  • 香り:強香(フルーツ香)
  • 樹形:つる樹形(自立タイプ)
  • 樹高:160cm
  • 撮影:花菜ガーデン 2017年10月

※ バラの手入れや病害虫の対策⇒詳細はトップページの「バラの園芸・作業」をクリックしてください。

オールドローズのハイブリッド・パーペチュアル系統

バラ園の風景:秋の花菜ガーデン

秋の花菜ガーデンの風景