トーナメント オブ ローゼズ-Tournament of Roses は、ハイブリッドティー系統に分類しているが、フロリバンダ系統の交配もあり大輪種でありながら、花つきに優れています。

トーナメント・オブ・ローゼズはHT系統

半剣弁咲きの花弁の端が軽く波打つ大輪花

  • 1輪咲きだが、花つきがとてもよく多くの花を咲かせる。
  • 樹形は半横張り性で幅が80cm程まろまりがよく鉢栽培に適する
  • ベーサルシュートの発生が活発で丈夫な株に育ちます。
  • ベーサルシュートの摘心は、一番花が終ったら3回に分けて行います。ただし、9月以降は秋の開花が近づくので控えましょう。
  • 耐病性は、うどんこ病、黒星病ともに普通。月間3~4回の定期的な薬剤散布は必要です。1週間~10日に1回以上の定期的な薬剤散布は欠かせません。

スポンサードリンク

今日のバラ・タイトル

トーナメント・オブ・ローゼズは四季咲き

トーナメント・オブ・ローゼズは半剣弁高芯咲き

トーナメント・オブ・ローゼズは珊瑚色です

樹高130cmで幅が80cmの半横張り性

  • 品種名:トーナメント オブ ローゼズ Tournament of Roses
  • 作出国:アメリカ
  • 作出年:1987年に、William A. Warriner が作出
  • 作出者:1988年に、Jackson & Perkins Co. が発表 
  • 系統:[HT] ハイブリッドティー
  • 交配親:Inpatient × 実生
  • 咲き方:四季咲き
  • 花形:半剣弁高芯咲き
  • 花径:大輪(13cm・花弁数25~30枚)
  • 香り:微香
  • 樹形:直立性
  • 樹高:130cm
  • 撮影:京成バラ園 2017年10月

※ バラの手入れや病害虫の対策⇒詳細はトップページの「バラの園芸・作業」をクリックしてください。

花もちがよく枝が真っ直ぐに伸びて切り花に適する

バラ園の風景:秋の京成バラ園

秋の京成バラ園の風景