• プリンセス ドゥ サガン-Princesse de Sagan は、深みのある赤紫色の中輪サイズの丸弁咲きです。オールドローズ品種群のティー系統のバラです。
  • ティー系統とは、ブルボン・ローズに由来するティー・ローズとノワゼット・ローズに由来するものがあり、共に庚申ばらの仲間である「ヒュームズ・ブラッシュ・ティー・センティッド・チャイナ」とつる性で淡い黄色の色素をもつ「パークス・イエロー・ティー・センティッド・チャイナ」が交雑したものが起源とされています。
  • そして、ティーの香りのする品種群を指します。ティー香は、ロサ・ギガンテアに由来しています。

樹形は横張り性

心地よいティーの香りは微かに・・微香という感じです

  • 数輪の房咲きになり、花つきがよい。
  • 赤みのある紫色の葉が密に茂るブッシュ系に近い性質。
  • 四季咲きのオールドローズ・ティー系統の剪定は、2月頃に行います。フロリバンダ系統と同様で樹高の1/2~1/3を、浅めに切り詰めます。
  • 耐病性は、うどんこ病、黒星病ともに普通。
  • 月間3~4回の定期的な薬剤散布は必要。一般的に病気に強い品種も、月間1回程度の薬剤散布をして予防対策をしておくことで、より順調な生長が促進されます。

スポンサードリンク

今日のバラ タイトル

ティー系統の赤色バラ

花つきはとてもよいですね。数えきれないほどのツボミが上がってきます

ティー系の芳香がある

丸弁咲きの中輪バラ

この珍しい花色は、さくらんぼ色・・チェリーレッドでしょうか

うどんこ病、黒星病には普通の耐性がる

花枝が長く樹形は横張り性です

  • 品種名:プリンセス ドゥ サガン Princesse de Sagan
  • 作出国:フランス
  • 作出年:1887年
  • 作出者:Francis Dubreuil
  • 系統:[T] ティー
  • 交配親:
  • 咲き方:四季咲き
  • 花形:丸弁咲き
  • 花径:中輪(8cm・花弁数・26~40枚)
  • 香り:微香
  • 樹形:横張り性
  • 樹高:100cm
  • 撮影:花菜ガーデン 2017年5月

※ バラの手入れや病害虫の対策⇒詳細はトップページの「バラの園芸・作業」をクリックしてください。

花色の表現が難しい個性的な色はチェリーレッドかな

バラ園の風景:

オールドローズの仲間