ラムのつぶやき-Rum no Tsubuyaki は、花もちがょく雨などによる傷みや褪色が少ないバラです。歌手の倖田来未さんのデビュー10周年を記念して作出されたバラです。

ラムのつぶやきはシュラブ系統

樹高が低くコンパクトなので鉢栽培にも適する

  • 1~4輪の房咲きになり、花つきは普通。
  • 細めの枝は横張り性で、つる状に伸長します。
  • 秋季の台風対策⇒8月~10月は、台風が襲来する季節です。この時期は夏の剪定が完了して、新芽が吹いてツボミがつく頃ですね。鉢植えのバラは、室内や軒下、風除けのある場所へ移動させましょう。
  • 庭植えの株には支柱を立てて固定、つるバラは長く伸びた枝を支柱に沿わせて真っ直ぐに誘引しましょう。
  • 台風が通過した後、折れた枝や葉を放置しておくと病害虫の発生原因となるので、速やかに回収して処分しましょう。
  • 耐病性は、うどんこ病、黒星病ともに普通。
  • 良好な環境と適切な管理⇒バラは同じ品種であっても、栽培環境が悪いと株の抵抗力が弱くなり、病害虫の被害を受けやすくなります。日当たりと風通しがよく、水はけのよい肥沃な場所に植えつけることが病害虫対策になります。

スポンサードリンク

今日のバラ タイトル

濃い黄色のカップ咲き

シュラブ樹形で横張りになり枝は半つる状に伸長します

ラムのつぶやきは四季咲き性です

耐病性はうどんこ病黒星病ともに普通です

枝が細めで満開になると俯いて咲きます

数輪の房咲きになる

紅茶にハチミツを入れたような香りがする

  • 品種名:ラムのつぶやき Rum no Tsubuyaki
  • 作出国:日本
  • 作出年:2010年
  • 作出者:大和バラ園
  • 系統:[S] シュラブ
  • 交配親:
  • 咲き方:四季咲き
  • 花形:ティーカップ咲き
  • 花径:中輪(8cm・花弁数・17~25枚)
  • 香り:中香
  • 樹形:横張り性
  • 樹高:90cm
  • 撮影:横浜イングリッシュガーデン 2017年5月

※ バラの手入れや病害虫の対策⇒詳細はトップページの「バラの園芸・作業」をクリックしてください。

透明感のある純黄色の花色は夏場でも色褪せない

バラ園の風景:

横浜イングリッシュガーデンの風景