リリー マルレーン Lili Marleen は、赤色バラの代表的な品種です。花が散るまで褪色が少なく、ベルベットのような花弁は雨などによる傷みが少ないバラです。

リリーマルレーンはフロリバンダ系統のバラ

濃赤色の半八重平咲きの中輪花

スポンサードリンク
  • 数輪の房咲きになり、花つき花もちは普通。
  • 秋季になると濃赤色の花色は、更に濃さが増してくる。
  • 弁質が優れているので、雨などによる傷みがすくなく花もちがよい。
  • ブッシュ樹形のバラは、花後に枝を軽く剪定しておくと1ヶ月半後くらいに再び花をつけます。(このサイクルを秋まで繰り返すことで完全な四季咲きになる)
  • 耐病性は、うどんこ病、黒星病ともに普通。

※ バラの手入れや病害虫の対策⇒詳細はトップページの「バラの園芸・作業」をクリックしてください。

半八重平咲き

樹形は半直立性なので自立させることもできる(画像の株は古株で冬剪定を軽めにして支柱に誘引している)

四季咲き性です

ドイツのコルデス作出です

樹形は半横張り性です

フロリバンダ系統にしては花数が少ない

  • 品種名:リリー マルレーン Lili Marleen
  • 作出国:ドイツ
  • 作出年:1959年
  • 作出者:Reimer Kordes
  • 系統:[F] フロリバンダ
  • 交配親:(Our Princess × Rudolph Timm) × Ama
  • 咲き方:四季咲き
  • 花形:半八重平咲き
  • 花径:中輪(6cm・花弁数17~25枚)
  • 香り:微香
  • 樹形:半横張り性
  • 樹高:100cm
  • 撮影:野津田バラ園 2017年5月

晩秋まで続けて花がつき秋の赤色が更に濃くなる

バラ園の風景:春の花菜ガーデン

花菜ガーデンの風景

園芸メモ・バラの栽培用語:切り接ぎ苗(きりつぎなえ)⇒増殖方法の一つで、枝(穂木)を台木に接ぎ木することです。バラの増殖方法の中でも、最も生産効率が高いため、流通している苗木の大半が切り接ぎ苗です。

スポンサードリンク