フェルディナンド ピシャール-Ferdinand Pichard は、オールドローズのハイブリッド・パーペチュアル系統のバラです。モダンローズのハイブリッドティー系統などを産み出すために交配親として活躍した系統です。

花色は濃い赤色のストライプが入る

オールドローズの仲間、ブルボン系に分類されることもある

  • 2~3輪の房咲きになり、花つきは普通。
  • つる性で絞りの入る貴重な品種。花枝が短くフェンスやトレリスに誘引すると見栄えがよい。
  • Hp種の多くの品種は、つる性としての特徴が強く、堅くて強めの枝の扱いが求められる。
  • 耐病性は、うどんこ病、黒星病ともに普通。
  • 薬剤の散布⇒バラの栽培をする時に、最も悩みが多いのが、うどんこ病と黒星病の防除です。
  • 月間3~4回以上の定期的な薬剤散布は必要。病気に強い品種も月間1回程度の薬剤散布をすれば、より順調な生育が期待できる。
  • 病気に強い品種も月間1回程度の薬剤散布をしておくことで順調な生長が促進される。

スポンサードリンク

今日のバラ タイトル

ハイブリッド・パーペチュアル系統

中輪サイズのカップ咲き

房咲きになり、花つきは普通です。桃色の花弁に濃いローズ色のストライプが入る珍しいバラ

返り咲き品種

オールドローズの品種群

基部の広い下向きのトゲがある

  • 品種名:フェルディナンド ピシャール Ferdinand Pichard
  • 作出国:フランス
  • 作出年:1921年
  • 作出者:Remi Tanne
  • 系統:[Hp] ハイブリッド・パーペチュアル
  • 交配親:
  • 咲き方:返り咲き
  • 花形:丸弁咲き
  • 花径:中輪(6cm・花弁数・17~25枚)
  • 香り:中香
  • 樹形:自立シュラブ
  • 樹高:120cm
  • 撮影:横浜イングリッシュガーデン 2017年5月

※ バラの手入れや病害虫の対策⇒詳細はトップページの「バラの園芸・作業」をクリックしてください。

自立もするが、つるバラとしてフェンスに誘引するほうが花が美しい

バラ園の風景:

横浜イングリッシュガーデンの風景

スポンサードリンク