ニュー ウェーブ-New Wave は、日本の育苗家寺西敏雄 氏の作品です。花弁は、小刻みでハッキリとしたウェーブがかかる、淡彩カラーの大輪サイズです。

ニュー ウェーブはハイブリッドティー種のバラ

樹勢は中程度だが丈夫で鉢栽培にも適している

  • 数輪の房咲きになり、花つきはとてもよいが花もちはよくない。
  • 多花性で、春の満開時には株全体を覆うように咲いて、花の重みで枝が下垂するほどです。
  • 枝は細くて、大きなトゲがある。
  • 枝数が増えにくいが、伸長力はありよく伸びる。
  • 「フォルム」の名前で切り花が流通している。
  • 耐病性は、うどんこ病、黒星病ともに普通。
  • 薬剤散布をする際には⇒ 病害虫の発生は、初期段階で対処するほど効果的です。薬剤散布を行う場合は、必ずマスク、ゴーグルをして風向きをチェックして散布します。過剰に散布しないように注意しましょう。また持続力を高めるために、希釈の際に展着剤(ダイン)を併用するとさらに効果的です。

スポンサードリンク

今日のバラ タイトル

四季咲き性

1輪挿しにしてみたくなる日本人好みの花色ですね

花径は約12cmの大輪サイズ

樹形は直立性

弁端には波打つようにウェーブが入ります

樹高は約100cm

花形は丸弁平咲き

葉は披針形で細長い

  • 品種名:ニュー ウェーブ New Wave
  • 作出国:日本
  • 作出年:2000年
  • 作出者:寺西菊雄 氏
  • 系統:[HT] ハイブリッドティー
  • 交配親:(Tira-Mi-Su の実生 × 実生) ×  実生
  • 咲き方:四季咲き
  • 花形:丸弁平咲き
  • 花径:大輪(12cm・花弁数・26~40枚)
  • 香り:中香
  • 樹形:直立性
  • 樹高:100cm
  • 撮影:横浜イングリッシュガーデン 2017年5月

※ バラの手入れや病害虫の対策⇒詳細はトップページの「バラの園芸・作業」をクリックしてください。

切り花として人気のある品種

バラ園の風景:

横浜イングリッシュガーデンの風景