ディスタント ドラムス-Distant Drums は、花色のグラデーションが繊細でとても美しいバラです。弁芯の周りはアプリコットベージュで、外側へ向かって濃いめのラベンダーピンク色に変化します。

ディスタント ドラムスはシュラブ系統のバラ

花色が濃くなると蘭の花のような濃さになります

  • 1輪もしくは数輪の房咲きになり、花つきがよい。
  • 丸弁の平咲きだが、クォーター・ロゼット咲きになることがあります。
  • 枝はほぼ直立性で樹高は120cm前後に伸長します。
  • 夏以降はシュラブ状の株立ちになる。
  • シュラブ系統の冬剪定は、樹高の1/2を目安にして、今年伸びた一番花を咲かせた枝を10cm残して刈り取る。
  • 耐病性は、うどんこ病、黒星病ともに普通。薬剤の定期散布は月間3~4回以上は実施しましょう。

スポンサードリンク

今日のバラ

四季咲き性です

外弁のラベンダーピンク色は初夏になると更に色濃くなります

耐病性があり強健種

クォーター・ロゼット咲き気味になりオールドローズの雰囲気が色濃く残っていますね

オールドローズのような花姿

葉と枝には赤みが入ります

丸弁ロゼット咲きの花形

撮影時は春なので直立性の樹形だが、夏以降はシュラブ状になります

樹高は約120cmです

四季咲き性が強く秋まで開花します

  • 品種名:ディスタント ドラムス Distant Drums
  • 作出国:アメリカ
  • 作出年:1985年
  • 作出者:Griffith  J. Buck
  • 系統:[S] シュラブ
  • 交配親:September Song × The Yeoman
  • 咲き方:四季咲き
  • 花形:丸弁ロゼット咲き
  • 花径:中輪(8cm・花弁数・26~40枚)
  • 香り:中香
  • 樹形:半直立性
  • 樹高:120cm
  • 撮影:花菜ガーデン 2017年5月

※ バラの手入れや病害虫の対策⇒詳細はトップページの「バラの園芸・作業」をクリックしてください。

樹勢が強く耐寒性にも優れているので育てやすい品種

バラ園の風景:湘南近くの公園にて

春の花菜ガーデンの風景