つる ポンポン ドゥ パリ-Pompon de Paris, Climing は、葉の形状がチャイナ・ローズ系統のロサ・キネンシス”ミニマ”に非常によく似ているとされ、同じグループに属するのではないかと、推察はされていますが定かではありません。

つる ポンポン ドゥ パリはつる性

株は分枝を繰り返してつる状に伸長する

  • 数輪の房になって、枝に沿って数多くの花を咲かせる。
  • 春の花後も、秋までのシーズンを通して少しずつ返り咲くが花つきは少なくなる。
  • 適度な枝の太さと、堅さで冬の誘引が容易です。
  • 枝が伸びすぎる場合は、冬の剪定の際に古枝の部分まで切り下げ樹高を低く仕立て直します。
  • 耐病性は、うどんこ病、黒星病ともに強い。

スポンサードリンク

今日のバラ

返り咲き性

分枝する枝に沿って花をつけていきます

桃色の小輪サイズの花

葉は小さく細めでチャイナ・ローズの「ロサ・キネンシス”ミニマ”」によく似ている

枝はほどよい太さで誘引がしやすい

葉は細長く小さめでチャイナ・ローズ系統に似ている

  • 品種名:つる ポンポン ドゥ パリ Pompon de Paris, Climbing
  • 作出国:不詳
  • 作出年:1839年以前に発見された
  • 作出者:不詳
  • 系統:[ClCh] クライミング・チャイナ
  • 交配親:
  • 咲き方:返り咲き
  • 花形:平咲き
  • 花径:小輪(4cm・花弁数・17~25枚)
  • 香り:微香
  • 樹形:つる性
  • 樹高:250cm
  • 撮影:花菜ガーデン 2017年5月

※ バラの手入れや病害虫の対策⇒詳細はトップページの「バラの園芸・作業 」をクリックしてください。

ローズ色の花弁は開花後になるとやや赤みを帯びる

バラ園の風景:

春の花菜ガーデンの風景