マダム アルディ-Mme. Hardy は、オールドローズのダマスク系統の品種です。中輪サイズでロゼット咲きの花弁は、素晴らしく整った花容として人気があります。このバラの特徴は、シベが変化して花芯にグリーン・アイができることです。

マダム アルディはダマスク系当のバラ

明緑色の葉と純白の花弁が相まってとても美しい

  • 細かい花びらが幾重にも詰まったロゼット咲き。
  • ロゼット咲きが咲き進むと、花芯にはシベが変化したグリーン・アイができます。
  • 枝数は少なくしなやか、半横張り性で200cm以上にも伸びるので支柱が必要です。
  • 耐寒・耐暑性に優れているバラ。
  • 8月上旬に、その年に伸びた枝を樹高120cm前後に剪定します。翌年の春になると、伸びた枝が開花します。
  • 一季咲きのオールドローズは、春には花がらのみ切り取り冬剪定はしません。
  • 耐病性は、うどんお病、黒星病ともに強い。

スポンサードリンク

アイボリーホワイト色のロゼット咲き

シュラブ樹形の多くは枝が細くてしなやかで、100cm以上伸びてくると自立が難しいです

1832年作出のオールドローズ

花芯に緑色のグリーン・アイができていますね

樹高は200cmを越える半横張り性

壁面やパーゴラに誘引すると純白の花弁が一段と映えます

  • 品種名:マダム アルディ Mme Hardy
  • 作出国:フランス
  • 作出年:1832年
  • 作出者:Julien-ALEXANDER  Hardy
  • 系統:[D] ダマスク
  • 交配親:
  • 咲き方:一季咲き
  • 花形:ロゼット咲き
  • 花径:中輪(7cm・花弁数・41+)
  • 香り:中香(ダマスク香)
  • 樹形:半横張り性(支柱が必要)
  • 樹高:200cm
  • 撮影:花菜ガーデン 2017年5月

※ バラの手入れや病害虫の対策⇒詳細はトップページの「バラの園芸・作業」をクリックしてください。

マダム アルディは耐寒性に優れ、枝も充実しやすく悪条件にも耐えて育つ

バラ園の風景:

春の花菜ガーデンの風景

スポンサードリンク